FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/05/20

猫渕神社と瀬織津姫



住田町に猫を祀る神社「猫渕神社」あります。ところがこの神社はハードルが高く場所がどこにあるのかわかりません。住田町史に出てくるということにも関わらず住田町の観光課に電話しても誰も知らないと言うのです。
合地沢(がっちざわ)という事だけはわかっていたのでとにかく現地を訪れて、通りかかった軽トラの地元の方に案内されてようやく参拝する事ができました。
31144263_1915514435177807_6372245881025986560_o.jpg

どうしてこの地区に猫の神社があるのかというと、住田町は昔一大養蚕地帯だったことがあり、猫は蚕を食べ荒らす鼠から蚕を守る養蚕守護神とされ猫渕神社で養蚕の無事と豊蚕が祈られたのです。
猫渕神社の別当は合地沢地区を開いた菊池家で肥後菊池氏の分流とされています。
菊池氏の氏神は熊野十二所大権現であり、熊野の那智大権現は瀬織津姫でもありました。

31154140_1915514538511130_3168764692747255808_o.jpg


那智の滝神を祀る四十八滝が住田町にもあり四十八滝神社の祭神は瀬織津姫となっています。
31206215_1915514495177801_5810406253960101888_o.jpg

九州の菊池氏は全国に四散しました熊本菊池氏よりも岩手県は菊池氏の数が多く全国トップです。早池峰大神である瀬織津比咩を祀ったのも菊池氏だったようです。
31131273_1915514505177800_853548239532589056_n.jpg

四十八滝もハードルが高く、橋のたもとに四十八滝の看板があるだけであとは看板がありません。途中の林道はすれ違い不可能な落石が多いかなりの悪路です。
車を降りて歩いていくと瀬織津姫を祀る「四十八滝神社」と素晴らしい「願掛けの滝」がありました。
31162386_1915514338511150_5211876044134416384_n.jpg
スポンサーサイト
2018/05/08

宇佐神宮の姫大神

宮崎県日向市の大御神社のトークライブの後、宇佐神宮と国東半島の六郷満山に向かいました。宇佐神宮は全国の神社の半数を占める八幡宮の総本社で国東半島は石仏が多いということしか知らず、六郷満山に何があるのか、よくわからずに訪れたのです。
ガソリンスタンドでもらったパンフレットによると六郷満山は国東半島一帯にある寺院の総称で宇佐八幡宮の神領地で神仏習合の原点となる山岳宗教の修行地として「宇佐神宮六郷満山霊場」と呼ばれています。





そして、全国の石仏の7〜8割が国東半島に集中しているということです。
今年は六郷満山開山1300年の節目の年に当たります。
国東半島に入って最初に目についたのが六所権現社の文字でした。
何となくすぐに車から降りて参拝してみると鳥居の看板が身濯神社となっています。

30594712_1903021199760464_4825519855841050624_o.jpg



旧称が「六所権現」で現在は身濯(みそそぎ)神社となっているようです。身濯(みそそぎ)とは「禊ぎ」の事のようで六所権現とは禊神のことのようです。仏や菩薩が日本の神々の姿となって現れた化身を権現(ごんげん)といいます。
六所権現の素性がはっきりしないので無動寺の身濯(みそそぎ)神社に回ってみるとご祭神が明記してありました。
身濯神社
祭神 伊奘諾尊 大直日命 八十猛津日命 表筒男之命 中筒男之命 底筒男之命
   (菅原神 大物主命) 明治十八年五月合祀
由緒
 桓武天皇の延暦年中に此の地に鎮座。承平、応和の頃本地垂迹説の所産として六所権現と称されたが明治初年の神仏分離令により身濯神社と改称。明治十八年、菅原神、大物主命を合祀。昭和十六年村社に昇格。
霊仙寺の六所権現社の由緒によるとご祭神:伊弉諾命 八十禍日之神 大直日神 表筒男神 中筒男神 底筒男神となっています。
霊仙寺の六所権現が八十禍日之神で無動寺の身濯神社が八十猛津日命となっています。


30595056_1903021366427114_7259717477364400128_n.jpg



これは古事記で八十禍津日神(やそまがつひのかみ)・大禍津日神(おほまがつひのかみ)日本書紀で八十枉津日神(やそまがつひのかみ)・枉津日神(まがつひのかみ)と一字違いなのなので八十枉津日神(やそまがつひのかみ)の事だということがわかります。
伊勢神宮内宮の荒祭宮祭神は祭神は天照坐皇大御神荒御魂(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)で名前は八十枉津日神(やそまがつひのかみ)といい別名が瀬織津姫とされています。
国東半島の関大神社の祭神は瀬織津姫となっています。そして、豊後高田市真玉町の八面宮の祭神は少童命・瀬織津姫命・速秋津姫命の三柱の神様でしたが明治十五年に全く別な神様に改名されていました。
神社と寺院が一体となって比売神と神功皇后と宇佐八幡の若宮四神を含む六神をもって六所権現としていたようですが神仏分離の時に宇佐神宮大宮司本家の末裔が身濯神社の祭神を猛の字に変えて「八十猛津日命」としたようです。
六所権現の信仰は比咩大神(ひめおおかみ)から始まっています。宇佐市にある標高647mの御許山(おもとさん)は「大元山」とも「馬城峰」(まきのみね)と言われ神代の昔、比咩大神(ひめおおかみ)が天孫降臨の先駆となって最初に天降った神聖な山と伝えられています。

30652400_1903020806427170_3972136001886748672_o.jpg

ニニギの天孫降臨に先立つ比売大神といえばスサノオ=ニギハヤヒの系統の姫君となります。
宇佐市の神社の四割近くがスサノオとオオトシで占められています。ここは昔スサノオ=ニギハヤヒの勢力下にあったのです。宇佐神宮の神官だった辛島氏(韓島)はスサノオを先祖としています。
おそらくニギハヤヒとスサノオも最初は宇佐神宮に一緒に祀られていたのでしょう。スサノオは現在、宇佐神宮の末社に落とされています。八幡神以前から信仰されていた宇佐神宮の比咩大神(ひめおおかみ)・六所権現の禊神とは瀬織津姫だったのでしょう。
2017/01/06

瀬織津姫の名が残された氷上神社

初詣は瀬織津姫を祭神とする氷上神社を参拝してきました。
岩手県は瀬織津姫を祭神とする神社が日本で一番多く36社あります。

15826899_1382893888439867_4091984144465311202_n.jpg


参拝した奥州市の氷上神社は陸前高田市の氷上神社から分霊された神社です。ところが本社の祭神は天照大神で分社の瀬織津姫の名はどこにもみあたりません。瀬織津姫の名前は消されてしまったのです。氷上神社の本社は祭神を変えましたが分社はそのままだったのでこの神社に瀬織津姫の名が残っていたのです。

15844911_1382893708439885_921204606700054780_o.jpg


瀬織津姫は人間の罪と穢れの一切を祓い潔める祓戸の神として大祓の祝詞に登場する女神です。
神道の儀式は祓い清めにあるので瀬織津姫は大変重要な女神です。ところが古事記・日本書紀には全く名前が記されていないのです。瀬織津姫はときの権力者によって意図的に隠された女神なのです。
氷上神社は初めての参拝です。昔は「日の神」と言っていたようです。無資格の神社なので地図に出てきません。住所近くのお年寄りは知りません。お巡りさんも知りませんでした。

15826434_1382893925106530_5719848854919684366_n.jpg


村社の宮司さんに聞いてようやくわかりました。氷上神社の鳥居が朽ちて参道は荒れていました。山道を20分以上歩いた山の頂上付近に氷上神社は鎮座していました。正月は初詣で賑わう神社ですがここは野鳥が鳴いているだけで訪れる人が誰もいません。瀬織津舞を奉納しました。

15843994_1382893838439872_2936759623897789330_o.jpg


明治の頃、地域の人々の信仰対象だった神社は中央集権的に村社・無資格の序列がつけられて強制的に神社が統廃合されました。このときに国津神から天津神に神名を変えた神社も沢山ありました。鎮守の森は欲望の対象となり木は売り払われ何万という無資格の神社が消滅しました。それでも産土神として村人に親近感をもって信仰されていた無格社の神社は存続していました。

15873216_1382893798439876_9175570569330444190_n.jpg


高度成長の60年代、TVが普及するようになって若者は物質的豊かさを求めるようになり農業をやめてお金を求めて都会へ働きに出るようになりました。村では人間関係が希薄になって祭りが行われなくなり田畑は荒廃していきました。熊との接近遭遇が増えたのも熊と都市との境界線だった里山の荒廃と関係しています。

里山の5割以上が無居住地化しつつあります。延々と縄文時代から継続してきた神々と自然と村人をやさしく包んでいた里山の共同体は消えていったのです。

本来神社は魂が再生されて生きていることの感謝と喜びが湧いて元気になる場所なのです。

ところが神社の注連縄(しめなわ)がビニールになったり、鎮守の森が消滅してコンクリートで覆われたりで、気の場が乱れて、聖地の機能が消滅している神社が多くなっています。

そして氏子が少なくなった神社は荒廃の一途をたどっています。すでに消滅した神社も多く、かろうじて残っている神社も訪れる人がいない神社は消滅の危機に瀕しています。神社が活力を失ってしまえば日本も衰退してしまうでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。