2016/10/08

マインドを見ている私

鎌倉ユニティで個人セッションを受けたえつこさんより以下の感想をいただきました。

14567572_1279603258768931_7935502448939008028_o.jpg

はじまる前に、セッションの内容について約1時間ほどの説明がありました。
こんなことが起きるかもしれない、こうなった場合はこうしてください、などなど…。
あらかじめ展開が予想できたのはよかったですが、「へー。そんなこと、あるのかな?」とひとごとのように聞いていました。
…が、セッションがはじまると、実際にそんなことばかりがあったのです。衝撃でした。
最初は、本当に手がしびれてきました。けっこう強いしびれだったのでびっくりしました。(説明通りでした。)
そして、呼吸なので、「それなら私もだいじょうぶ」と思っていたのですが、これも大間違いでした。
呼吸が、…できないのです。(説明通りでした。)
誘導してもらうのですが、「できません~」「痛い~」と、こころの中で叫んでいました。
これまで自分では出来ていると思っていた呼吸は、実のところ私の人生のクセが表われていたことがわかりました。
音楽がこれまたすごくて、私の内側の感情に伴うように、絶妙なタイミングで流れてきます。もうその頃は、睡眠状態のような、なのに意識はしっかりしていて、不思議感覚のまっただ中でした。
ほどなくして呼吸ができるようになった頃、ツーッと涙が流れてきました。(説明通りでした。なにがあってもそのままにしておくように、と。)
そのときに、まっくらな闇がやってきました。
でも、寒くて暗い闇ではなくて、どこかあたたかな闇でした。
「源」を思い出して、「…帰りたい」。そう思いました。
どこに帰るって、それは「死」のような世界だったのかもしれません。
意識だけが存在する...。
自分が死ぬときって、こんな風になるのかもしれないです。疑似体験でした。
としばらくしたら、明るい光がぱーっと射してきました。
母のお腹のなかに帰ったのです。それはまだ産まれる前の、とてもしあわせな空間でした。(このあとの自分の人生から、出産後のサバイバルがはじまったんですね。)
一瞬にして「生」と「死」を体験しましたが、どちらもとても平和でした。
そして、母に「産んでくれてありがとう。」という感謝の想いがやってきました。
それだけでもインナーチャイルドは癒されたと思いますが、ほどなく足にエネルギーを感じました。
私は普段足を感じることがあまりないので、「生きていることへの感謝」へとつながりました。
そうしているうちに、頭へもエネルギーが湧いてきて、あっと云う間に全身がエネルギーで充電されました。
これが、案内にあった「身体にエネルギーが充電されるようになるので元気になるでしょう。」のことですね。
そして、今回最大の恩恵だと思ったのが、
①マインドがちいさくなって、
②それを見ている私がいました。
まずマインドについてですが、普段はボリューム8ぐらいに感じるマインドのおしゃべりの割合が、ボリューム2ぐらいになったのです。

別にマインドがなくなった訳ではないのですが、量がすこしになって、その分「何もないスペース」が広がりました。意識が拡大したみたいです。
これが、瞑想で云うところ
の「マインドはあっていいのです。」の境地だと実感しました。
そして、そのちいさなボリューム2のマインドが小声であれこれ言っているのは聞こえてくるのですが、そこに振り回されないで、どこか遠くからそれを見ているような自分がいました。
これが、「観照」と云うものかもしれないし、幽体離脱しているような気すらしました。(これまでそんな経験はいっさいなしです。)

そして、「あれ?今日の私、「マインド」と「フィーリング」と「身体」の3つが同時に働いていることを体感している。」って。それもやはり遠くから見て、気づいていたのですよ。
私、特別な才能もないふつうの人間です。すごくないですか?
友邦さんの著書「覚醒の真実」に「覚醒は特別なことではない」とあるのですが、こんな風にある日私にも覚醒なるものが訪れました。
http://ameblo.jp/nobara-rose/entry-12206429115.html より
スポンサーサイト
2016/08/06

何もかもが幻想で、ただ思考を楽しんでいるだけ

DSC02729.jpg


東京で行っている個人セッションを受けられた
Hiroko Murabayashiさんより
うれしい感想をいただきました。
シェアいたします。

昨日はナチュラルスピリット主催、清水友邦さんの個人セッションを受けてきました。

ナチュラルスピリットの社員さんで信頼する友人でもあるSihoさんにすすめてもらって

以前からFBでは繋がっていたのですが、

やっとこのタイミングでお会いすることが出来ました

実は私より先に旦那がこのセッションを受けていました。

しかも旦那がヒーラーデビューしたその夜に!

彼にとっては大変容の忙しい一日でしたね(笑)

お会いしたこともないし、どんなセッションなのかも知らないのに

自然な流れで夫婦でお世話になることになったのです。

深いご縁を感じます。

旦那にセッションの感想を聞くと、

「とっても良かったけど、先入観無しに体験してきた方がいいよ」

と言われて詳しいことは教えてもらえず、昨日まで楽しみにしていました。

初対面の清水さんはあっけらかんとしていて、

エネルギッシュでそれでいてとってもフレンドリーな方でした。

全部で2時間のセッションは、はじめにワークの説明をしていただいて、

1時間、横になってとにかくずーっとブレスワークをするのです。

ここまで徹底して思考から抜け出し、

呼吸だけに意識を向けるという体験は初めて。

しかも1対1でつきっきりでサポートしてくれます。

身体の感覚は正直です。

思考から抜け出す時間を長くすることで、脳の動きのパターンが変化し、

心と身体のブロックが浮き彫りになるのだそうです。

その過程では激痛を感じる人も居るのだとか。。。ホーッビクーッ

人それぞれ、何が起きるのかはわからないのですが、

何が起きてもそれでも呼吸に集中し続けるのです。

そうすれば全て過ぎ去って行きます。

説明を聞きながら、私の何が解放されるのかな~って感じでワクワクでしたキャハハ☆

余談ですがブレスワークと聞いて、風の女神の導きに違いないな・・・

と一人で思っていましたよっうふふ

いよいよワーク開始です。

呼吸を始めると、まずすぐに体に強い痺れを感じました。

説明で聞いていたとはいえ、え?こんなに早く?という感じ。

ただ呼吸をしているだけなのにです。

その状態に、思考が「面白い面白い!」と大騒ぎするのですがあせ

また呼吸に意識を戻します。。。

そして、誘導に沿って呼吸をしたり力を入れたり

極限まで息を吐いたりして力んで、

そのエネルギーからイッキに解放された瞬間、

母の産道を通ってこの世に生まれる時の苦しさから

イッキに解放された感覚を思い出し、それを呼吸をしながら味わいました。

私の場合難産だったので、鉗子分娩でした。

その時のバーストラウマが無いわけがないですね。

もう自分の頭では思い出すことの出来ないバーストラウマを味わい尽くしました。

そしてそこから、思いもよらない体験をするのです。

ゆっくり呼吸をしながら、清水さんに全身をゆだねていると、

だんだん身体の痺れに加えて震えが止まらなくなりました。

後でひも解くと、宇宙のバイブレーションと共振していた様です。

その時はもう何が何だか(笑)

それでも呼吸に意識を向けます。

いつの間にか身体は空洞になった様で、密度を感じなくなっていました。

呼吸の管が太くなった感じがします。

すると、グッと体の奥からこみ上げるエネルギーが全身をイッキに包んでしまい

視界が明るくなり自分と周りとの境界が無くなり、

訳の分からない感動で涙が溢れました。

そこにはただ観察する意識が存在するだけで、

何も無いけれど満ち足りた世界が私を包み込んでいます。

私はいつも愛され、許されていた。。。

何もかもが幻想で、ただ思考を楽しんでいるだけ。。。

身体の痺れと震えは相変わらずで、死ぬ時ってこんな感じではないだろうか・・・

そんな思考がよぎりますが、

そこに恐れはなく、穏やかです。

そして、それでも呼吸に意識を向けて行きます。

しばらくその世界でくつろいでいると、

この世に生まれてくる前の意識を思い出しました。

私はここから生まれてきた、そうハッキリわかります。

この穏やかな世界から母のお腹の中へ、地上へ。。。

「お母さん、生まれるよ。お母さん、喜んでくれるかな。。。」

そんな感情がよぎります。

Hiroko Murabayashiさんのブログより
http://ameblo.jp/spiritual-hiroko/entry-12104051152.html
2016/08/06

安定した本当の自分を知る呼吸法

1915807_1069601086435817_5384291789102509157_n.jpg

心理的、感情的、身体的混乱は必要があって起きています。宇宙を信頼して絶えず変化していく存在の流れを尊重して委ねてゆく事ができれば、どんな困難な状況でもその出来事全体のプロセスは意識の進化と成長をもたらします。

起きてくる出来事をあるがままに受け入れる事ができれば、それまで、狭い視野で世界を見ていた自分の硬直したパターンに気がつくことができます。

無意識に持ち込んだ過去の葛藤や表現できなかったエネルギーは価値判断を持ち込まない透明な眼差しを持ち続ける事で完全に解放された心の本質に到達します。

破壊的な感情はまことの光に変容します。

出雲の自然光ダンサーの高須賀千江子さんより個人セッションの感想をいただきました。

清水友邦先生の呼吸道の個人セッションを受けました。

「自我というのは、単なる思考」頭は止まることなく何かを考え続け、過去や未来に飛んでいきます。それを人は「自我」だと思い込みますが、実はそうではなく、思考を「客観的に観ている自分」もいます。
それが「安定した本当の自分、心静かな状態」で、いつもその自分は自分の中にある…それを体験できる呼吸法でした。

ワークの最初に呼吸の仕方を習います。全て胸式呼吸で、思い切り吐いて思い切り吸う。イメージとして、全力疾走した後の「ゼーゼー」の早い状態。これを1時間行うというのです。
ただ、その呼吸をしていても「今日何してたっけ…」と思考に意識を向けてしまうと、途端に呼吸が止まることを実験しました。

ワークが始まるとゼーゼー呼吸をひたすら続けます。5分も経たないうちに、手の先から痺れはじめてきました。それでもひたすら呼吸に意識を向けていきます。

続けていると、だんだんと思考が出てきて次第に感情を伴ってきます。

この1〜2ヶ月悩んでいたことを思い出し、悔しさと悲しさが溢れてきました。
その感情に蓋をせず、感じきっていきます。ギャアーっと声を出し、目を閉じたまま腕で布団を殴りながら思いっきり感じるのです。すると「思い出す=思考」に意識が向いているので悔しさのあまり呼吸ができなくなります。

間髪入れずに清水先生が「呼吸に意識を向けて!」と声をかけます。
意識を呼吸に向けると、あっという間に体(つまり過去ではない今)に意識が向くのです。

すると「過去=思考」は動き続けていますが、すーっと冷静になり呼吸(つまり体、今)を感じられました。

さらに呼吸を続けると、心の奥にしまいこんでしまっていた他の悩みが浮上し、また苦しくなりました。
過去や感情が溢れ呼吸ができなくなります。

清水先生の「呼吸に意識を向けて」の一言で、ハッと呼吸(体、今)に意識が戻ります。
するとまた「思考と感情はあるんだけど、冷静に呼吸をできている自分」があることに気づきました。

最後に出てきたのは「お母さん、置いてかないで!」という叫び。私は母とは仲が良いのですが、やはり幼少の頃の寂しさなんでしょう。一人になりたくない苦しさが溢れました。

先生の「呼吸、呼吸」で、また意識がガバッと体に向き呼吸ができるようになりました。

感情のリミッターを外し、苦しさも悲しさも蓋をせず感じきる。そして呼吸に意識を向けることで「過去=思考=感情」と「呼吸をする自分」はパックリと分けられるのだ…
ということを体感できました。

散々味わった後に、先生が頭を手で包み込んでくれました。どんどんと脳波が静まり、眠っているような冴えているような、静かな感覚のまどろみでした。

時々、頭の中で何かの考えが浮かびます。でもそれをボーッとただ流している感覚。

とても静かな感覚でした。

しばらくその状態….とても気持ちがいいのです。

「ね?思考や感情と、呼吸をする自分は別物だとわかったでしょう?」
先生が聞きました。

「…はぁ…そうでした…。」
私の頭や心は静かなままです。

「それが、目覚めだよ。ちゃんと、感情や思考に巻き込まれていない自分があったでしょう。」

「あ…ありましたね…。」

「そう。頭はいつも思考をする。感情も動く。それがあっていいんだよ。感情は生きるために必要な純粋なエネルギーだから。それらに蓋をしたり、ダメなものとして目をそらしたり、嫌ったりする必要は無い。蓋をすると溜まって爆発しちゃうよ。
それは当たり前にある。
でも、それに巻き込まれない自分がいることを知っておくと、振り回されなくなるんだよ。
平穏な自分は、いつも自分の中にいる。というのがわかったね?」

「あ…なるほど…そういうことだったんだ…」

あっさりというか、あ、私何度も体験してた。このことを言うんだ。と思いました。

とてもシンプル。

「目覚め、気付き」というと、なんだか凄いことが起こるような気がしますが、とてもシンプルなものだといいのがわかりました。

わかる、そして体験したからこそ、腑に落ちました。

そして、私が何に悩んでいたのかもハッキリしてきて「そうか、自分はこうなりたいのか」と冷静に意欲として受け止められ、自分のこれからの指針ができました。

悔しいの感情に巻き込まれると汚い自分が嫌になりますが、純粋に「こういうことやりたい!」というエネルギーに転換できたのです。

とてもスッキリしました。

本当に受けてよかった