2016/07/30

極楽は今ここに在る  法然上人

13895511_1220323924696865_5034040769999575972_n.jpg

法然上人( 1133~1212年)は 1133年美作に生まれました。岡山県久米郡久米南町の生家後に誕生寺が建立されています。

幼い時に父親が夜討ちに会い目の前で殺され深いトラウマを残します。法然上人は九歳で出家して比叡山で修行しました。
その頃の平安仏教は形骸化していて比叡山には権力や名誉欲の虜になった貴族の子弟が集まっていました。
法然上人は全仏典を繰り返し読破し、お堂に篭って熱心に念仏を何時間も唱えました。そして43歳の時に山を下りました。

13900270_1220324001363524_1687122729064346692_n.jpg

法然上人はこんなことを言っています。「人間には与えられている運命というものがあって、病気を治してほしいと、どれだけ神仏に祈ったところで同じなのだ。祈って、病気が治ったり、寿命が延びたりする事があれば、誰一人として、病気で死ぬ人がないはずだ。」

13876368_1220323951363529_5013337926107342467_n.jpg

法然上人が掲げる救いの条件はただ一つ声に出して念仏を唱えるだけの非常に単純な専修念仏でした。日本仏教で最初に組織的な弾圧を受けたのは法然上人でした。それだけ法然上人の専修念仏は平安社会を揺り動かす破壊力と影響力がありました。

法然上人は数日間念仏行を行う別時念仏と呼ばれる集中的な念仏行を繰り返し行っています。
法然上人の死後に出てきた「三昧発得記」によると法然上人は荘厳な浄土のヴィジョンを見ていました。それは目を閉じても見え、目を開いてもこれを失いませんでした。数日間眠らずに念仏を唱えた結果、非物質的なサトル(微細)の領域に入ったのです。

13882429_1220323914696866_1917458239489930763_n.jpg

大般若経によると菩薩には肉眼、天眼、法眼、慧眼、仏眼の五つの眼があると説かれています。
肉眼、天眼が自然界を見る眼で、法眼が開くとこの世界が浄土の荘厳な様子のように黄金の光に満ちて美しく見えます。慧眼が開くと眺めている世界と眺められている世界が一つで光明そのものである事がわかるようになります。仏眼では見るものと見られるものすべてが光明に溶け込んで一つになっている世界です。
法然上人は物欲にまみれた娑婆世界と光明に満ちた浄土世界の両方を見ていたのでしょう。

13680579_1220323958030195_2165413592525028756_n.jpg

法然上人は75歳の時に僧侶の身分を剥奪され四国へ流罪になります。
ところが法然上人は悲観するどころか「これは非常に有り難いことである。そういう人たちにやっと出会える機会が与えられた。朝恩だ。天皇さまのお陰だ」と前向きにとらえてます。
法然上人が流罪で播磨の国に着いた時、遊女の船が近づいてきました。遊女が問いかけます。「世間にはいろんな職業があるのに、どうして、私たちは汚らわしい身となったのでしょう。どうすれば救われるでしょうか?」
法然上人はこう言いました。「そのような生活では罪も深いでしょう。出来るものならやめたほうが良いのです。しかし、他に食べてゆく道がないのなら、今のまま念仏を唱えなさい。阿弥陀如来はあなた達のような女人を救おうと祈願したのだから、決して自分を卑下することはありません。信じて念仏しなさい。かならず、極楽往生しますよ。」

13882319_1220324051363519_5996226509269251577_n.jpg

法然上人は八十歳、弟子の親鸞上人は九十歳と念仏の開祖は十三世紀の中世においてとんでもない長寿を遂げています。
悪い事をすれば地獄へ良いことをすれば臨終の時に雲間から光明がさし阿弥陀如来が現れ西方浄土へ旅立つと世俗の教えは説きます。
法然上人は臨終の時に「極楽に行けるのですね」と弟子が質問すると「私は極楽から生まれ、極楽の世界に生きた。また極楽に帰るだけのことである」と答えてます。
阿弥陀の光明はどこにでも常にあるのです。つまり極楽浄土は死んだ後の何処か遠くにあるのではなく、今ここに在るのです。
本当の自分は肉体の生死を超えていて、そして不増不減で空なんです。極楽を求めてどこかへ行く事はありません。一瞬一瞬のいまここを丁寧に生きることが救いの道なのです。
町田宗風 法然を語る
http://www.arigatozen.com/interview_a08.php
スポンサーサイト

続きを読む

2016/07/30

引き寄せの法則について

13732053_1219434874785770_6410362915215447481_o.jpg

「引き寄せの法則」を「思ったことが実現する」すると解釈してポジティブなことを考えるとポジティブなことが起こると信じている人がいます。

誰でも人生を思い通りに生きたいと思っています。プラス思考でいけば何事もプラスに働いて、バラ色の明るい未来が実現すると信じたいところです。

ところがこの三次元の世界はいつも二つの極の間を揺れ動いています。失敗した人は成功し、成功した人は失敗します。悲しみは喜びに変わり、喜びは容易に悲しみに変わります。「陽極まれば陰となし陰極まれば陽となす」が自然の法則なのです。

現実はいくらプラス思考しても必ず望んではいないマイナスの出来事が起きてきます。マイナスの出来事が起きるのはプラス思考が足りないからだと短絡的に考えてプラス思考を強めても、思った通りの結果を得られないことが起きます。

結局、自分はだめだの考えが浮上して罪悪感が増大してしまいます。プラス思考はマインドの薬なので服用を誤ると分離が強まりかえって苦しんでしまうのです。

嫌悪するような、感情が動かされる出来事、気になる他人の行動これらはすべて、影に追いやった自分の一部です。それに同調するために心が動くのです。外側に感じていた問題は自分の内側にもあります。あいつは気に食わない奴だと他人を自分と切り離してみますが自分の中にも同じ要素を持っているのです。自分の中にはすべてがあります。

「引き寄せの法則」は文字どおり自分にふわしい出来事を引き寄せることですが、自分ではないと分離して影に追いやった苦しみも自分なので引き付けるのです。

意識が自覚できていない領域があるとその領域を自覚するような出来事を宇宙が確認するために引き寄せます。

宇宙は光に満ちています。自我は思考で影を作り否定した自分を切り離して見ないように暗闇にしまいます。光は闇を照らします。人生に失望し自分に絶望して、すべてをあるがままに明け渡した時、光がさして闇は消えます。

思考は闇を作ることができますが闇を消すことはできません。闇は光の不在です。気づきが光です。光がさすと闇は一瞬にして消えます。光がさすということは思考が本当の自分ではないことに気がつくことです。そのことを光明を得るといいます。

本当の自分を自覚するとあるがままの世界があらわれます。外側の世界と内側の世界、絶望と希望の二つ世界を同時に生きられるようになります。
2016/07/30

投影した関係

13692918_1217966411599283_8889772141639230533_o.jpg

男性と女性はお互いに自分の理想化した都合の良いイメージを相手に投影をして関係を持ちます。

関係性が親密になると相手が自分のイメージ通りでないことが分かってきます。
そうなると「こんな人は思わなかった」と不機嫌になり関係性が悪化します。
あるがままの相手を見ていたのではなく自分の影を相手に肯定的投影をしていたのです。

お互いに肯定的投影していた関係は容易に否定的投影の関係へと転換してしまいます。

男性は自分の内側に沸き起こる否定的感情が女性に原因があると考え相手の女性を攻撃します。

女性は相手が不機嫌なのは自分が悪いからだと最初は自分の感情を抑圧し我慢して良好な関係を築こうとします。
しかし、内圧が高まって限界を超えると、女性は突然男性的になり攻撃的エネルギーが噴出して関係性をめちゃくちゃにしてしまいます。

こうして二人の関係性は破局へと向かいます。

自我は私が行為しているという感覚を信じてしまっています。
他者を非難したり嫌悪している自我をあるがままに見ているのが
本当の自分だと気がつくと行為者としての自分は存在しないということがわかります。

自分がいないということは同時に自分はすべてだということです。
そのとき、他人の自我も自分の自我も受けいれることができます。

2016/07/30

全体を分けることはできない

13719574_1217767544952503_1869860793495437481_o.jpg


私たちは成長の段階で、あるがままの自分を否定されて、
受けいれられる自分と認められない自分に分離させてしまいます。

そして世界から切り離されている自分という間違った思い込みで生きていきます。
心の中に浮かび上がる考えを真実の自分だと思い込んでいます。

思考は全体を分離させて見ていますが
分離して見ている部分もまた全体なのです。

全体から全体を引いても全体が残り
全体に全体を足しても全体が残ります。
全体を分けることはできません。

すべての存在は大いなる全体であり
全体以外はありません。

思考を通さずに世界をあるがままに見た時
分離した私はどこにもなく

見るものも見られるものもなく
あるがままの全体だけがそこにあります。
2016/07/30

もともと意味がなく

13754515_1217440608318530_8917308736220542918_n.jpg

見るもの
聞くもの
味わうもの
感じるもの
自分の内側に起こる感情
それにはもともと意味がなく
それに意味を与えているのは
絶えることのないおしゃべりを続けている頭の中の自分

おしゃべりをしている頭が自分ではなく
おしゃべりに気がついているのが本当の自分

喜怒哀楽の感情が自分ではなく
それを見守っているのが本当の自分

物事が起きようが起きまいが
意味を超えて存在しているのが本当の自分

あらゆるものが来ては去って行く虚空のスペース
それが本当の自分
2016/07/30

分離しているという夢から目を覚ますこと

13730829_1216655451730379_2643198901134036106_o.jpg

胎児は子宮の中で母と一体となって至福の状態にいます。
そして母からの分離が始まります。

苦痛と苦しみ中で産道を通り抜けて、この世界に誕生します。
子供は母親との一体感から分離して自立します。

他者と私というその分離感が不安をもたらします。
その分離感が再び全体に戻ろうという衝動をもたらします。

それは一つになることではなく
他と分離しているという夢から目を覚ますこと

分離は見かけだけで最初から分離などしていませんでした。
分離していると思いこんでいただけでした。

見かけ上の月は形が変わりますが
実際の月の形態はかわらないように
思考があってもなくとも、
瞑想をしてもしなくとも、
本当の自己は全く変わらずにあります。

しかしマインドが光を遮りそれによる虚像に振り回されるために、その事に気がつきません。
孤独を感じても、本当の自己は全体としていまここにあるのです。
2016/07/30

存在の流れ

13708287_1216246198437971_8177877378224539306_o.jpg

私たちの知覚はマインドによって制限されています。
本来の姿から遠く離れた状態で過ごしています。

あるがままの世界を分離して見ているのです。

絶え間なく移り変わってゆく思考に気がつくとエネルギーの流れに気がつきます。

流れの中で感情や思考や体の感覚が泡のように浮かんでは消えています。
絶えることのない存在の流れが変わることのない私なのです。
2016/07/30

経験しているのは誰なのか

13693039_1218891568173434_5907420471733756711_o.jpg

苦悩の根元は思考や感情や肉体の感覚を自分だと思っていることにあります。
経験しているのは誰なのかを探求していくと、突然、自分は体でも思考でも感情でもないということに気がつきます。
私は突然消えてしまいます。

純粋な私は思考を見守るものであり、思考ではありません。
慣れ親しんできた私はいないことに気がつきます。
見守るものと見られるものの違いが消えた時、究極の光、永遠の至福が姿を現します。

しかし、マインドは百万の言葉を費やしてもそれを理解できません。
この体験ではない体験が起きた人しかそれは理解できないからです。
2016/07/30

こころの青空

13725086_1213814088681182_3362281516150053574_o.jpg 

空が雲で覆われて雨が降り、風が吹き、嵐がこようと、その背後には常に青空があります。視野をこころ全体に拡げると、苦悩も喜びも、雲のように過ぎ去る心の大空の一部だということがわかります。

雲(思考・感情)があってもなくても、常に青空(本当の幸せ・気づき)がなくなることはありません。つらい時やもがき苦しんでいるときは、思考や感情を自分と思い込み、心が狭い範囲に限定されています。

視野をこころ全体に拡げると苦しみが心の一部だということが分かります。人生の中で起きる喜怒哀楽の感情を自分と思って苦しみますが、その物語が展開している何もない空っぽの空間、風が吹き雪や雨が降る青空という広大な空間、その虚空というスペースが本当の自分だということに気づくとあらゆる偽りが落ちて真実が輝きだします。

過去にとらわれず、気づきを持って、今この瞬間を見れば不安や恐怖はそこにはありません。
今この瞬間から外れ、過去の思いに行ったり、未来を想像したときに不安や恐怖がやってきます。

心理的な苦しみを一瞬にして取り去る方法とは、思考と一体化している意識から離れることしかありません。
絶え間のない思考から、「いまここ」の身体感覚にチャンネルを切り替えます。
今この瞬間に意識を向けると思考や感情に覆われてない本当の自分に気がつくことができます。
2016/07/29

探求の途中で起こる困難



探求がある程度進むとそれ以上先に進むのが困難になることがあります。このまま何も変わらないように思えて、不安になったり、イライラしたり探求自体に意味がないように思えたりします。

私も自分が価値のない人間に思えたり、虚無と暗黒に包まれているような感じがしたり、果てしなく落下していく感覚や、重苦しく落ち込んだ状態が何ヶ月も続いたことがあります。そのときはわかりませんでしたがそれは「ゆらぎ」が起きて古い自我の壁が崩壊しようとしていたのです。

自我は認めて貰えなかった自分を切り離して影に追いやります。居心地の悪い感覚が心に浮かんできたということは、その感覚を認めてもらいたくて出てきたのです。否定的な感覚は心の奥に閉じ込めてしまった大切な自分の側面なのです。古い自分を超えて本当の自分を知るには思考を自分と思い込むことをやめなければ気づけません。

感情を抑圧している人は情動が湧き上がると思考で覆い尽くして、感じないようにしてしまいます。それがいつも行われているので思考から離れて見ることが難しいのです。子供の時は思考が鎧となって身を守る手段でした。が、大人になったいまでは逆に進化・成長の足かせになっています。子供の頃に身につけた鎧は大人の自分には小さすぎるのです。

情動が浮かび上がってきた時に、それを言語化せずに、それを認めて、あるがままに受けいれることが必要です。情動の感覚を分析や判断することなく感じるようにします。いままでの習慣で自動的に思考が湧いてきますが、いま自分に必要なことが起きていると思い直して、情動を感じるようにします。いまこの瞬間に起きていることを思考で判断することなく感じ取ることができれば本当の自分に気がつくことが起きます。

感情をしっかり感じてしまえば思考で覆う必要がなくなります。思考は自然に鎮まってきて思考が自分ではないことがわかってきます。思考の制限から解き放たれた感情のエネルギーは自由な生命エネルギーへと昇華します。

どんな感情も必要があって起きています。あなたが間違っている訳ではないので、深刻になったり罪悪感をもたないようにします。

思考に気づき、本来の自分につながるためにはある程度の時間とエネルギーが必要なこともあります。真実はいつも今ここにあるので、結果を焦らないようにします。

すべては縁にしたがって物事が起きているのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。