2017/05/05

秘密の花園に花が

世界が枯れはじめて
荒涼とした風景が広がっています。
秘密の花園に花が咲いていないのは
ハートを閉じて
私たちが湧き上がる喜びを止めてしまったからです。

18121487_1504079609654627_4760052468304584603_o.jpg


子供は親や社会から植え付けられた条件付けを受け入れて人格を形成していきます。
安全を脅かされて育った子供は自我を強固に築いて
意識にのぼってくる感情の通路を封鎖して不安や恐れを感じないようにします。
固く防護された偽りの自己は、自分を巧みにごまかし、
あるがままの自分から離れて心から湧いてくる感情を素直に表現することはしません。
自分を規制して、世界はこうゆうものだと決めつけます。
自動人形の様に振る舞う偽りの人格にエネルギーを浪費して
体から溢れ出す喜びを止めているのです。
堰きとめるのをやめると生命エネルギーは流れはじめます。
バーネットが書いたように秘密の花園に美しい花が咲くと人は元気をとりもどします。


18077289_1504079606321294_9190302793121672972_o.jpg

先日、鎌倉で行われたワークショップの感想が届きましたので紹介します。
30代
本来の自分を生きる、というようなテーマにここ数年取り組んでいたので参加しました。自他が融合する、というか境界がなくなる、というような感覚を感じました。一瞬だったのですが、世界の見え方が変った、内側からあふれ出てくるあたたかいものがあって、それに包まれていく、それから世界がつくられていく、みたいな感じがあった。
チャクラごとに感情がちがっていて、「分かってくれない」悲しみ、怒り、自己防衛・・・みたいな、幼少期だったのでしょうか、そのあたりに由来する感情みたいなものが出てきました。マインド、は過去、妄想、というのは初めての見方で、今後も取り組みたい、です。

18155940_1504080079654580_2804906647945746095_o.jpg



30代
自分の内面とシンプルにむきあいたくて参加しました。自分の身体の背骨や首を一つ一つ意識しワークをすすめるうちにマインドがおしゃべりをやめて、何もかもが浮かんでは消える瞬間を体験する事ができました。自己セルフワークも今回教えて頂きすごく勉強になりました。また開催を楽しみにしています。

17966062_1504079966321258_9220677451362778631_o.jpg


50代
今まで清水先生の個人セッションを受けていたのでワークショップ形式のものを受けてみたかったから参加しました。体をゆるめる技法をたくさん教えてもらえたのがよかった。一人でもできるものもあって、家で使えるのがありがたいです。
ペアワークで、冷え症の私の足があったかく、ポカポカしてきたこと、手のひらで感じる「ドクドク」とした血液の流れが自分のものなのか 相手の方の足のものなのかわからなくて、溶けていきそうになってとても心地よかったです。ワーク中雑念が一杯でしたが、構わずにいると、意識の奥(?)にある「目」のような存在に何度も気づいて面白かったです。


18121011_1504081122987809_2187938915363456859_o.jpg


40代
あるがままにとはいえど、受け入れたくない、マインドがあり、それは潜在下にあり、気分の不快感としか感じない。その抑圧した情動を表層化して、思い出したかった。そして手放したいので参加しました。
やはり、抑圧した情動は、幼日の母への感情でした。感じたくない感情を感じました。これは普段は感じてないものだとわかりました。
「虚空の中をあらゆる思考、感情、感覚が過ぎさっていきます。」のナビの最中に、情動が浮上して経過していきました。それはおどろくべき事でしたが、それ以上概念化することをしないと、それは過ぎ去っていきました。


17990331_1504079692987952_7950863544459981772_o.jpg

50代
全ては思考!!と気づいてから無気力や絶望感が続き、それを越える為に参加しました。思考型のワークショップばかり参加していたので、このように肉体を使い体験から感じられるワークを定期的に参加したいと思いました。長い間、ずいぶんと自分の表現を押し殺していたと気づき、思考では今まで色々なレッスンを受け表現しているつもりでいたので、驚きました。自分を少し開放できたと思います。


18077142_1504079992987922_2776780580010519192_o.jpg



40代
より愛のエネルギーを深めて行きたいと思い参加しました。スッキリして、新しく生れ変った感じです。新たに希望、もっと何事に対しても意欲的に前向きにやって行きたい、という気持ちが一番大きな事に思うように光にかこまれた様に感じます。喜び、感謝と、人生、の宝物を受けとらせていただきました。

18121285_1504079806321274_491196879804377081_o.jpg

40代
エネルギーの調整の仕方。チャージの仕方を教わり、日常使える様にしたかった為に参加しました。。体をリラックスさせて背筋がのびた感じがしました。体がやわらかくなった感じがします。マインドに気づきました。いつもいかに緊張していたか気がつきました。寝てやるワークがとても気持ち良くて、何かに包まれている様な感覚がありました。他の人の様子が変化していくのが楽しかったです。あるがままが良かったです。
スポンサーサイト

続きを読む

2017/05/05

思考はエネルギーであり波動であり

思考はエネルギーであり波動であり人間のまわりにエネルギーの場を形成しています。
相手が敵意や怒りを持っていると気分が悪くなるのは、相手が待っているエネルギーの場に同調してしまい自己の中心を保てなくなるからです。


18195025_1510643998998188_8474610914272231584_n.jpg

不安と恐怖に怯えている内なる子供を抱えたまま競争社会の中で強い者が生きのこり、弱い者は苦しんで死ぬという考えが究極の真理と思い込んでいます。
愛という言葉を聞いても恐怖と不安に同調しているので愛と自分を一致させることができません。愛の実感がわきません。自分の内側で感じとれないものは偽善的に思ってしまいます。
世界と私の分離という幻想が新たな不安と恐怖を生み出しています。自分そのものが幻想であり、自分だけの幸福を求めても、自分だけの幸福などありえず、求めれば求めるほど却って分離が強くなり、苦しむことになります。
この間違った思い込みの幻想は周りの人間や社会によって増幅され強化されています。
すべては縁にしたがって物事が起きています。どんな感情も必要があって起きています。
分離感が強くなることで、葛藤が起きて再び全体に戻ろうという衝動が起きます。

18156071_1505838962812025_7882321101165976231_o.jpg


人間はもともと目覚めた意識を持っているので、頭の中のおしゃべりを止め、いまここにくつろぐことが出来ます。
沈黙しているとハートとハラの間でうごめいている沢山の緊張を発見します。
その緊張を言語化しないで、あるがままにしておくと、思考の制限から解き放たれたエネルギーはハートへ流れて深い喜びのエネルギーへと変容します。

18077415_1505838236145431_794610596707900830_o.jpg


春になると一斉に花が咲いて自然の美しさの中で驚異と歓喜の瞬間が訪れるように、
沈黙して自分自身の内なる力を解き放った時、内側で連鎖的な爆発が起きてエネルギーの交響が起きます。
一瞬のうちに洞察が訪れ、自他を分ける境界線は太陽の下の雪のように溶けてしまいます。
世界と私の分離は幻想でした。

思い込みの葛藤を抱えている最中に全体を俯瞰する気づきが起きると、
いままで心の表層を流れる波に呑み込まれていたことに気がつきます。

思考を通さずに世界をあるがままに見た時
分離した私はどこにもなく
見るものも見られるものもなく
あるがままの全体だけがそこにあります。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。