2017/06/26

温冷浴でナチュラルハイ

温冷浴は温度差がある二つの浴槽に入浴を交互に繰り返すことで、血管が丈夫になり血行も良くなり、自律神経のバランスが取れます。

普通の湯上がりよりも温冷浴の方が 数倍の爽快感が得られます。

大阪は岩手のような野性に満ちた温泉はありませんが温冷浴にオススメなのが心斎橋の清水湯と平野の末広温泉です。どちらも45℃の熱い浴槽と井戸水を使った広い水風呂があります。そのお陰で大阪は快適にすごせました。

心斎橋の清水湯  

地下鉄心斎橋7番出口からエレベーターで上がるとすぐです。夜は見事な刺青アートの肌をした方を見かけました。

http://www.spa-shimizuyu.com

19452996_1578258098903444_4493324488145931303_o.jpg

19466603_1578258128903441_6152405602105483727_o.jpg




大阪平野区の末広温泉 温泉ではありませんが温冷浴に特化しためずらしい銭湯

https://www.suehiro-onsen.net/

16797690_1427894120606510_6226294569398204812_o.jpg



温冷浴について


「水風呂に入ると血圧は一時的に上昇するから、高血圧症や動脈硬化症、或いは心臓の悪い人は危険である」というのが現代医学の常識です。ところが温冷浴を毎日実行している人は真冬に水風呂に入っても血圧が上りません。最高血圧も、最低血圧も上りません。温冷浴未経験者の血圧は上りますが、温冷浴経験者では上らないことが大阪府立大学、山口雄三教授の温冷浴の血圧変動実験の結果で確かめられています。

心臓から血液が大動脈に流れて毛細血管に入って毛細血管の少し手前で、動脈から静脈に直接連結している血管があります。この血管を動静脈吻合血管(グローミュー)といいます。血液は毛細血管のバイパスを通って静脈に流れて帰ってきます。この毛細血管のところのバイパスを1707年にフランスの解剖学者レアリー・レアリスが発見してグローミューという名前をつけました。

このグローミューは、全身400兆個の細胞に栄養を送る毛細血管51億本のすべてに安全弁として存在しています。体に異常が起きて毛細血管に血液が流れにくくなった時にはグローミューがバイパスの役目を果たして血液が流れます。グローミューは危険を未然に防いでくれるのです。

温冷浴はグローミューの活動と再生を促して鬱血を防ぎ全身の血液循環を促進させるだけでなくアドレナリンとコルチゾールという抗ホルモンも分泌されるので気分も爽快になります。全身の血行が良くなることで健康を増進させるのです。

甲田光雄先生の講話より

『水風呂に入ったり滝に打たれたり、プールに入ったりして寒い時、体温を外に奪われないように表面の血管が縮みんで皮膚は真白になります。その時、血液はこのグローミューを流れて心臓へ帰っていく訳です。

温冷浴実行者ではグローミューが健全となるため、水浴して、皮膚浅在の毛細血管が急速に収縮しても、グローミューがパッと開いて、血液がスムーズに、そのグローミューを通って、小静脈に流れてゆくことができるからであると考えられます。

それに反し、温冷浴を経験しておらない人では、グローミューの機能が不完全であるため、水浴した際、毛細血管が収縮しても、グローミューがそれに呼応して開かず、そのため、動脈血がスムーズに小静脈に流入することができません。その結果、血圧の上昇という形で水浴の影響が現われてくるのだと考えられます。

皆さんがぜんざいやあんこ餅食べたりケーキを食べたり毎日そんなことやっているとこのグローミューが溶けていってるぞということです。お砂糖の入ったコーヒー、二〜三杯飲んだら鼻水がポトポトと落ちた。「ああ私は鼻のグローミューがもう無いんだなあ。」そういうふうに考えとったらいいんです。』

温冷浴の入り方

『お風呂に入る時に一分間水を浴びます。頭からかぶったらあきませんよ。足元からかけていくんです。そして一分たったらお湯の中に入りまして、一分間温まって出て又水をかける。一分たったら、又湯に入るということを交互に繰り返す。これが温冷浴です。時間はどちらも一分ずつです。水一分、湯一分で一番最初も一番最後も水一分です。湯から入って湯であがるのでなしに、水から入って水であがるのです。

水の温度は大体15度C位が一番よろしい。朝は16度C位、昼ごろになったら大分上がっています。これが井戸水でしたら、冬でも16度C位、夏でも20度C位ですから非常に快適です。水道の水でしたら夏になれば26度C位になります。そういう生温い水よりは井戸水の方がいい訳です。

水の中に入っているとグローミユーが開き、湯の中に入ったらそれが塞ぐのです。これを繰返すことによって、グローミューを訓練していく訳です。これで疲労もとれますし、血液循環も良くなります。是非この入浴法を今晩からでも実行していただきたいと思います。』

ただし、温冷浴の初心者がいきなり冷たい水風呂に入るとグローミューが働かないので当然血圧があがり高血圧の方、高齢者の方、現在病気で薬を服用している方は心臓に負担がかかります。夏の間に温度差が低いぬるま湯からはじめて徐々に冷たくしてグローミューを訓練していきます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。