FC2ブログ
2018/01/24

空っぽの桶



鎌倉駅から歩いて15分、源氏山公園の近くに海蔵寺という臨済宗建長寺派の寺がある。観光客の姿もなく真冬の大寒に静かに梅の花が咲いていた。

26907987_1807806869281898_2421828111081816365_n.jpg

海蔵寺の右入り口に「底脱の井」(そこぬけのい)と記された小さな泉がある。

そこに千代能の句
「千代能がいただく桶の底ぬけて 水もたまらねは月も宿らず 如大禅尼」と刻まれた石碑が建っている。

19554972_1807806905948561_3268494585302657336_n.jpg


千代能は光明を得た尼として有名である。

伝承によると千代能は鎌倉幕府の御恩奉行を務めた安達泰盛の娘としてこの世に生を受けた。

そして千代能は北条顕時に嫁ぐが、鎌倉幕府内の権力闘争、弘安8年11月17日(1285年12月14 日)の霜月騒動により父と親族の安達一族は滅ぼされてしまい、夫も上総国に流されて失脚してしまった。

その後夫は復権するが胃病を患って1301年に死去した。千代能の息子北条貞顕は鎌倉幕府の15代執権に就任し、娘は足利貞氏の正室となり、嫡子足利高義(足利尊氏・直義の異母兄)を産んでいる。足利高義の子孫には武田信玄がいる。

千代能は夫の死後、出家して僧院の門を叩くが「美しい婦人は若い修行僧の妨げになる」と入門を断われてしまった。

しかし、真理探究の決意の固い千代能は焼きごてで自分の頬を焼いて醜くして、ようやく仏光禅師無学祖元に弟子入りを許されたという。

 千代能は何年にもわたり修行したが、なかなか光明を得ることができなかった。

月が美しく輝くある夜のこと、千代能は古い手桶を持って井戸から水を汲み、手桶の水面に映る満月を眺めていた。

突然、桶をたばねていた竹のたががはずれ、桶の底がすっぽりと抜けて桶はばらばらになってしまった。その時千代能は光明を得たという。

仏教で煩悩は苦しみ原因とされ、一切の煩悩を放下することが悟りの道とされている。

しかし、瞑想中、思考を無くそうとしても、さまざまな思考が次々と湧いて新参の修行者は苦しむ。

思考の囚われから逃れようとして、なんとか除こうと努力するが、それを退けることが出来ない。

思考を取り除こうとすること自体が思考作用なので思考が強くなるばかりで思考がなくならない。

いくら修行しても煩悩がなくならないと、自分の業のあまりにも深く重いことを恨んで挫折してしまう修行者もいる。

しかし、ある程度、修行が進むと瞑想中に喜びを感じるようになる。禅では三禅の境地と呼ばれている。

マインドが静まり意識と無意識の境界の間にエネルギーの回路が開かれると内的な広がりを感じたり、崇高で神聖な感覚に圧倒され意識が高揚する。

何十年も苦しんだ修行者は喜びのあまり大悟したと思い込むのである。

その時に師はすかさず弟子に喝を入れるが、師を持たない修行者は俺は誰よりも優れていると、すっかり自己満足して自我が肥大してしまう。

そうして、エゴを強化したまま悟ったと思い込んだ修行者がグルや教師となり人を支配したり、組織の拡大や物やお金に執着したりSEXスキャンダルに見舞われるのである。

伝統的な修行システムの所はカルト化しにくいが歴史の浅い新興カルトは歯止めが効かないので肥大した自我が暴走して社会問題を起こすのである。

しかし、いくら意識が高揚しても自我が消えてしまっているわけではないので月の満ち欠けのように、しばらくすると流れは下降し、自我が再び姿を現われる。

潮の満ち引きのように隠れていた砂浜のゴミや汚れがあらわれてくる。

いったん意識の高揚を知ってしまうと以前よりも低い位置に陥ったように錯覚してしまう。

美しさと神聖に満ちあふれたヴィジョンや啓示をうけてしまうと、それに強く引きつけられてしまい、もとの日常意識が価値が無いように思えたり、あるいは地獄に堕ちたかのように苦悩するのである。

内的な覚醒のあとに訪れる退行である。

16世紀スペインの神秘家十字架の聖ヨハネは魂の暗夜と名付けた。

その喜び、歓喜、法悦に囚われると、マインドはそれを再び追い求めてしまう。

喧噪を避け静寂を好み静に執着してしまうと、動と静の二元性に分離してしまい、いまここから離れてしまう。

悟りを求めることも煩悩を無くそうとすることも実は思考の産物なのだが、それに気がつかず、巻き込まれてしまうと低次のエネルギーが表層に現れ、再び疑いと不信が頭をもたげるのである。

伝統的なシステムでは、桶の底が抜けない行き詰った修行者は、すぐれた師を探して、桶の釘を抜いたり、たがをゆるめてもらう。

あとは何かのきっかけに、自然と桶の底は抜けてしまう。

もともと桶自体は存在していない。修行者の強固なマインドが作り出していただけである。

26814969_1807807035948548_1108510946558036548_n.jpg


「千代能がいただく桶の底抜けて
水もたまらず月も宿らず」

禅では月や桶は例えとして用いられる。桶の底が抜け水が流れると妄想も私も全てあらゆるものが消え去る。千代能は水に写っている月が自分ではなく本当の自分は空っぽの桶だと言うことに気がついたのである。

盤珪禅師はその境地を次のように詠んでいる。

「古桶の底ぬけ果てて、三界に一円相の輪があらばこそ」

自己の本質とは何もない空っぽの桶のことだ。桶の中に写っている月は本当の自分ではない。頭の中の思考は本当の自分ではない。思考が現れては消える虚空である空っぽの桶それが本当の自己なのだ。

人生の悲劇、喜劇は何も写っていない空っぽのスクリーンで展開している。

そのことに体全体で気がついたとき人は苦悩から真に解放される。
スポンサーサイト

続きを読む

2018/01/13

ガンの自然治癒




末期がんから自然治癒で生還された寺山心一翁さんと今日電話でお話しました。82歳になられますが、ますます元気にしています。

アリゾナ大学医学部教授アンドルー・ワイル博士が著書「癒す心、治る力」72ページに寺山さんのガンが自然に治癒して消えていく様子を紹介しています。寺山さんはアリゾナ大学医学部で講演もしています。

寺山さんは1946年の小学校4年から1949年の中学2年の時まで私の生まれ育った盛岡に滞在していました。

その時に賢治子供会に入会し 、「雨ニモマケズ」を唱和していたというのです。

寺山さんは48歳の時に右腎臓ガンになりました。 死を覚悟した夜に臨死体験の状況を夢に見てから 嗅覚が異常に高まり、 病室の臭いに耐えられず、消灯後の病室のベッドから抜け出し病院の屋上に寝ていたことが見つかります。自殺の恐れがあるとの理由で、病院を退院させられてしまいました。

生きていることを確認する為に自宅のマンションの屋上に昇り日の出を眺めたところ、まばゆい光が全身を貫く経験をします。

寺山さんは科学的な考え方の訓練をして来た科学者でした。当時の日本のトップクラスの半導体の研究者でした。ところが寺山さんのクンダリニーが上がってチャクラが開くと、寺山さん自身がオーラを見えるようになってしまいました。そうなると寺山さんはオーラやチャクラが胡散臭いとか科学で証明しなくちゃいけないということがアホらしく思うようになってしまいました。

その当時の様子を次のように語っています。「生きていることだけで幸せでした。太陽が神にみえましたよ。部屋にもどったら、家族全員のまわりにオーラがみえるようになっていました。だれもが神なんだって思いましたね」

そして寺山さんが毎日太陽に向かって感謝の挨拶をしているときに 突然「雨ニモマケズ」が出てきたのです。その中で「欲ハナク、決シテ瞋ラズ、イツモシズカニワラッテヰル」のところで涙がとめどなく出てきて、私がガンを創ったのだということをはっきりと認識したそうです。

そしてガンに対して自分で作つた子供だという気持ちが湧き起こり、「愛しているよ」と愛を送り始めましたら、痛みが減少して鎮痛剤を使用しないでも眠ることが出来るようになり、やがてガンは小さくなり始めたのです。

「おかげで、自分のなかにも、まわりにも、自然治癒力があるということに気がつくようになったんです。そしてだんだん、がんをつくったのは自分自身だったんだということに気づきはじめました。

わたしが、自分のふるまいによって、がんをつくったんです。そのことに気づくと、自分のがんを愛さなければならない、敵として攻撃してはならない、ということがわかってきました。がんはわたしの一部であり、わたしは自分のすべてを愛さなければならなかったんです」寺山心一翁(アンドルー・ワイル/癒す心、治る力)

寺山さんの人生は私たち人類の行く末とシンクロしています。寺山さんが右腎臓ガンになった状態が今の私たちの状態です。

まだ地球環境が崩壊しているということを知らされていない人が大勢います。当時の寺山さんはガンだと知らされなかったそうです。

これから寺山さんが臨死体験の夢を見たように地球環境崩壊のビジョンを見て「私がこの状態を創ったのだ」ということをはっきりと認識する人が増えてきます。

マインドは一つの世界に境界線を引いて分離します。そして体と心、他者と自分を切り離し、対立と争いを続けてきました。

寺山さんはガンをきっかけに「欲ハナク、決シテイカラズラズ、イツモシズカニワラッテヰル」境地にたどり着きました。

愛に境界線はありません。世界が一つだと気がつくと自分が作り上げた偽りの境界線は消えます。そして、ガンも消えたのです。

寺山さんの人生に転機が訪れたように人類も大転換の時代を迎えています。寺山さんはがんを愛するようになりました。物質文明の崩壊をきっかけに愛の惑星に変わるのでしょう。

「がんはありがたい贈り物です。がんは新しいあなたに、新しいいのちにつうじている道なんです」寺山心一翁


今回2/4の「よみがえる女神」出版記念講演会に寺山心一翁さんが出演していただけることになりました。

よみがえる女神出版記念講演会
開催日: 2018年2月4日(日)
時間: 14:00~16:00 (13:30 受付開始)
会場: アコスタディオ(JR原宿駅) 
参加費: 3,000円(税込)

出演
清水友邦 イーハトーブ心身統合研究所
寺山心一翁 超越意識研究所代表
Aika - 橋本 恵子 サウンドセラピスト/歌手

司会 山口容子 元テレビ朝日ニュースキャスター

お申し込み・詳細は

ナチュラルスピリット
2018/01/13

奇跡を呼ぶ魔法の声



奇跡を呼ぶ魔法の声

サウンドセラピストのAikaさんは兵庫県宝塚市出身で大阪音楽大学大学院オペラ科を修了し、有名な関西二期会のオペラ「カルメン」にミカエラ役でオペラ歌手としてデビューしました。

ミラノ、ニューヨークに留学し、舞台の勉強をされた後に「未来を支える子供たちの役に立てることをしよう」と子供たちのミュージカルスクールを立ち上げました。
それが評判を呼び、教室は4都市まで広がりました。そのときにAikaさんが指導した女優に、「藤原紀香」、「相武紗季」、新体操オリンピック選手の女王「村田由香里」など 多方面に芸能活動、スポーツ活動をしている女性がいます。

ところが、1995年1月17日のあの日、阪神大震災が発生しました。地震が発生したときにAikaさんの家屋は崩壊し、生後六ヶ月のkaaiちゃんを抱きしめながら、半生き埋め状態の被害に遭われたのです。そして、ミュージカルスクールも閉鎖に追い込まれ、家や財産のすべてを失ってしまいました。

その後も人間関係の消失、震災のトラウマに悩まされる災難が続き、Aikaさんは乳がんと甲状腺が腫れる病気になってしまいました。心身共に疲れ果て、歌手活動も満足に続けることができなくなってしまいました。
しかし、Aikaさんは苦しみましたが病気を完全に克服しました。その薬はなんと自分の声でした。自然に発声された自分自身の声は傷ついた細胞を癒す力があるのです。Aikaさんは自らの病を癒す事でそれを実証しました。

こうして奇跡のサウンドセラピストが誕生しました。サウンドセラピーコンサートでAikaさんの生の歌声を聞くと男性女性問わず涙を流す人が続出します。私もその1人です。青森県弘前市の「森のイスキア」でアベマリアを歌っていただいたのですが、涙が溢れて止まりませんでした。

鬱病の人の血液には一定以上のマンガンが含まれています。泣く時に出る涙には血中の5倍のマンガンが含まれます。涙はストレス物質のコルチゾールとマンガンを流し出すので、涙はストレスを解消し鬱の予防になります。

泣く事は交感神経優位から副交感神経優位に切り替わります。涙を流した後はストレス・ホルモンとリューマチを悪化させるインターロイキン-6の値が低下しナチュラル・キラーT細胞が活性化します。大泣きするとエンドルフィンが増加し免疫力がアップするのです。

「細胞が潤い、肌が若返った!」
「姑が優しくなった」
「8キロ痩せた」
「余命3ヵ月の末期ガン患者が元気になった!」

Aikaさんの生歌を聞いて涙があふれて心身が癒されると「奇跡を呼ぶ魔法の声」ということで日本全国で大反響がおきました。

インドに音は神であるという意味のナーダ・ブラフマーという言葉があります。原子は1秒間に1000兆回振動しています。太陽も月も地球も身体の各細胞も振動し原子のリズムと響き合って宇宙の調和をつくりだしています。神は音であり、宇宙は音で出来ているのです。

人間の体を構成している物質は、合成と分解がたえまなく繰り返され、時間が経つと身体の物質は蓄えられることなくすべて入れ替わっています。太っている人の脂肪も溜まることはなく、別な脂肪にすべて入れ替わっています。生命とは川の流れのように秩序を保ったダイナミックな流れそのものなのです。

しかし、自分を偽り自分の話したい事を話さず自分の本当の気持ちを声にださないと、そこにブロックができて流れがせき止められてしまいます。自分を抑圧し、感情を素直に表現しないとエネルギーが流れません。エネルギーの流れが滞った場所に腫瘍ができてしまうのです。

人間は目に見えないエネルギーの体を持っていて、その中枢をチャクラと呼んでいます。サンスクリット語で光の輪という意味のチャクラは肉体にエネルギーの供給をする働きをしています。エネルギーの流れが悪くなり、チャクラの機能が低下するとエネルギーの供給を受けている臓器も低下してやがて物質的な領域で病が生じます。

音楽は脳の視床下部にある自律神経の中枢に働き、そのアンバランスを調整する作用があります。人間の体は様々な周波数で構成されたオーケストラが奏でる交響曲のようなものです。不協和音が病気です。調和された音を聴くと共鳴現象が起きて体は調律され再び美しい交響曲を奏でるようになります。

なんと素晴らしいことに、今回2/4の「よみがえる女神」出版記念講演会に京都から「奇跡を呼ぶ魔法の声」と評判のサウンドセラピストのAikaさんが駆けつけてくれて、素晴らしいピアニストの津田さん、チェロの寺山心一翁さんと一緒に歌っていただけることになりました。

よみがえる女神出版記念講演会
開催日: 2018年2月4日(日)
時間: 14:00~16:00 (13:30 受付開始)
会場: アコスタディオ(JR原宿駅) 
参加費: 3,000円(税込)

出演
清水友邦 イーハトーブ心身統合研究所
寺山心一翁 超越意識研究所代表
Aika - 橋本 恵子 サウンドセラピスト/歌手
津田崇博 ピアニスト
司会 山口容子 元テレビ朝日ニュースキャスター

お申し込み・詳細は
ナチュラルスピリット

2018年「よみがえる女神出版記念トークライブ」予定

【女性性の時代に向けて
~清水友邦著「よみがえる女神」を読んで~】
http://www.el-aura.com/trinity_tomoko8/ 

【鎌倉】 2018年1月20日(土) 受付終了
OAU(和尚アートユニティ)
https://oshoartunity.com/cgi-bin/booking.cgi…

【荻窪】2018年1月23日(火) 受付中
荻窪ハウルのお家 
https://www.facebook.com/events/134155487294894/

【名古屋】2018年2月19日(月) 受付中
春日井市オーガニックカフェ・taiyouたいよう
https://www.facebook.com/events/395756627532389/

【盛岡市】2018年2月25日『出版記念パーティー』 受付中
盛岡駅前 ぴょんぴょん舎4階ジャーランジャーラン 
  
【大阪】2018年2月27日(火)
 トークライブ・ゲスト・音楽家・瞑想家・ヨーコ・カンタルーナ
お問い合わせ ラグー・カフェ 090-6256-2390

【岡山県】倉敷サロン・ド・ヴァンホー 2018年3月21日 18:30
詳細決まりしだいお知らせします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。