FC2ブログ
2018/10/16

あれも全体 これもまた全体



私たちは成長の段階で、マインド(自我)を形成します。
幼児は本能のおもむくままに行動しますが、
あるがままの自分を否定されると、
愛される自分と愛されない自分に分けてしまいます。

一なるものに境界線が引かれることで病が生じます。
マインドは分離している事に気がつかないので、
母親から離された子供の様に漠然とした不安に襲われます。

マインドは物事に優劣をつけてみています。
マインドは幸と不幸、良い悪い、愉快と不愉快という二元性に分離した思考に囚われています。
マインドは抑圧した影を外側に投影して、自分と他者を切り離して見ています。
マインドは境界を作って内側の自分だけが特別と思っています。
私たちの知覚はマインドによって制限されています。
世界から切り離されているという分離感を現実だと思い込んでいます。

あるがままの世界を分離して見ているのです。
マインドは全体から分離して苦しみ続けます。

その分離感から全体に戻ろうという衝動がおきます。

しかし、戻ろうと思うこと自体が思考なので
そこから抜け出す道はありません。

思考が自分だと思っているので
思考の罠にはまっています。

思考は、今ここにいられません。
未来を悲観して、心が不安におそわれているときは今ここにいません。
今ここにいると思考に気づくことができます。

体が病んで悲観していることに気づいています。
失敗を後悔していることに気づいています。
失って悲しんでいることに気づいています。
将来に対して不安になっていることに気づいています。
思考が次から次へと際限もなく湧き上がってくることに気づいています。
その気づきが私です。

自分という思いは概念であり
他者を非難したり嫌悪しているマインドをあるがままに見ているのが本当の自分だと気がつくと
行為者としての自分は存在しないということがわかります。

いままで自分だと思っていた頭の中の自分はいませんでした。

自分がどこにもいないということは自分はすべてだということです。
すべては虚空であり全体なのです。

自己の全体性を取り戻すと他人の自我も自分の自我も受けいれることができます。

思考は全体を分離させて見ていますが
分離して見ている部分もまた全体なのです。

全体は増えることも減ることもなく
全体から全体を引いても全体が残り
全体に全体を足しても全体が残ります。
全体を分けることはできません。

全体は得ることも失うこともなく
死ぬことも生まれることもありません。

すべての存在は大いなる全体であり
全体以外はありません。

世界をあるがままに見た時
分離した私はどこにもなく
見るものも見られるものもなく
あるがままの全体だけがそこにあります。

『om
あれも全体 これもまた全体
全体より生ずるは 常に全体だからである
全体より全体を取り出すとも
見よ 残るは全体である
om
安らぎよ 安らぎよ 安らぎよ』
イーシャ・ウパニシャッドより

『わしの見地からすれば、
仏もなければ衆生もなく、
古人もなければ今人もない。
得たものはもともと得ていたのであり、
時を重ねての所得ではない。
もはや修得の要も証明の要もない。
得たということもなく、失うということもない。
いかなる時においても、わしにはこれ以外の法はない。』
臨済録より

『是諸法空相(ぜしょほうくうそう)
不生不滅(ふしょうふめつ)
不垢不浄(ふくふじょう)
不増不減(ふぞうふげん)』
般若心経より

『空を観ずる行為もまた空であって、
空を空と認識することももはや有り得ない。
その認識すら無くなれば、
まさに無の中の無、無の極点に至り、
心は永久に静寂となる』
道教・西派内丹法より

『神は眼に見える形や色を持っていないので
眼からではありません。
音もなくやってくるので耳からでもありません。
空気ではなく精神に混じっているので鼻からではありません。
内側からでも外側からでもありません。
自分よりも高く昇ってみてもそれよりも高い所にいました。
ずっと下の深みにも神はいました。
そして外にも内にもいたのです。』
キリスト教神秘家・聖ベルナルドゥスより

『神は永遠であり、過ぎ去るものは何もなく、全体が現在にある』
4〜5世紀のキリスト教哲学者アウグスティヌスより
スポンサーサイト
2018/10/16

何ごとも恐れることはない


子供から大人になる青春期や、突然仕事が変わって、いままでの役割が通用しなくなったり、子供が巣立って子育ての役割が失われた母親など、今までの価値観や考え方が通用しなくなるとアイディンティークライシス(心理的な自我の危機状況)に陥ります。

人間の心は階層構造になっており下位の意識構造を越えて成長する時は変容の危機が浮上してきます。

16世紀のスペインの偉大な神秘家、聖テレサは魂の成長を繭に包まれたサナギの状態からチョウに変容する例えで話しています。魂は変容の途上で恐ろしいまでの暗い闇に入ります。

サナギから脱皮するとき「いままでのどんな苦しみよりさらに激しい耐えがたいほどの拷問のような苦しみを味わう」と聖テレサは述べています。

古い自我を超える時には死のイメージが浮上するのです。探求の途上で変容が急激に起きると自我がそれを受け止めることができないので混乱して絶望的な気持ちに襲われます。

新しい自我が再生されるまでは果てしなく永遠と続く迷路に迷い込んだように思います。
自我は起こってくることに不安を感じて恐怖のあまり抵抗します。必死で思考を巡らせますが、それはかえって事態をむずかしくしてしまいます。

変容の危機を通り抜ける最善の手段は宇宙を完全に信頼して、そのプロセスにゆだねることです。

なにが起きても、なにがあっても、逃げないでいまここにいて、自覚を持って受け入れることです。どんな最悪と思えることが起きてもかならずそれは通り過ぎます。

アビラの聖テレサはサナギである自我の死を迎えることで、サナギから小さな白いチョウが生まれて魂は祝福されると証言しています。

神との合一は、魂のもっとも深い中心で起こります。それは比類のない歓喜に満ちたものですが長くは続きません。
聖テレサは神と一つになる神聖な合一を次のように述べています。
「合一は、二本のローソクによって象徴されます。二本のローソクの先を合わせると炎はただ一つになります。しかし二本のローソクが、他のローソクから引き離されると、再び二つのローソクに分かれます。

思考に同一化することをやめてリラックスすると自他を分ける境界が消え観照意識だけがある微細な領域に気がつきます。

聖テレサはこの状態を「知性は働かずに休み、小さな小窓から何が行われているか覗かせてくれる」と表現しています。
キリスト教神秘主義の聖婚に至る段階は「交際」「婚約」「結婚」に例えられます。そのプロセスを浄化、照明、神との合一と表現します。

「神との融合は 雨水が、川の流れの上に、降り注ぐようなものです。同じ一つの液体になりきってしまうので、再び雨水と川水に分れることはないのです。あるいは大きな二つの窓から光が注ぎ込む部屋のようなものです。分かれて入って来た光は部屋のなかで一つになります。」

最後に小さなチョウは炎に向かって進み再生するために光の中で幸福に死にます。

聖テレサは最後の「合一」の段階の上に「合一の生活」を置きました。神と融合した状態で日常の生活に帰った状態です。
禅の十牛図の最終段階である悟りを、日常の生活に生かす「入鄽垂手」(にってんすいしゅ)のようです。

10月15日はアビラの聖テレサの祝日です。
聖テレジアは1582年に67歳で亡くなりました。9ヶ月後、掘り起こされましたが記録によると遺体は腐敗していませんでした。

『人生のあゆみ
何ごとも心を乱すことなく
何ごとも恐れることはない
すべては過ぎ去っていく
神のみ変わることがない
忍耐はすべてをかちとる
神をもつ者には
何も欠けることがない
神のみで満たされる』アビラの聖テレジア
2018/10/14

病の原因




心が調和されていれば病にならないといった人がいました。

その人はカリスマ性があり信奉する人々は多く、人々を救う使命を持った偉大な魂だと信じられていました。しかし、その人は病に倒れて亡くなりました。心が調和されていたはずの教祖の病気による死は信者に動揺を与えました。救うために教祖は人々の悪いカルマを背負われたのだというまことしやかな説明がされました。そうして、信者たちは信仰を続けました。

病気になる人は精神的な欠陥があり、心が正しければ肉体も健康になると信じている人は精神世界の人に多いようです。

ガンや病気で悶え苦しんで亡くなった聖者は大勢います。逆に霊性に興味がなく根性が悪く、殺人、盗み、詐欺を働いても病気をせずに強健な肉体をもった人もいます。カテゴリーが異なる肉体の健康と心の健康を同じ次元に捉えることはできないようです。

病気になる聖者は偽物で、あるいは宇宙の真理を悟ったといっても、所詮ただの人間にすぎないと考える人がいるかもしれません。

クリシュナムルティは膵臓癌になったと知ったとき「私はどんな悪い事をしたのだろう」と呟いたそうです。感謝と喜びにあふれ、慈愛に満ちた態度で接し、すべてをあるがままに受け入れる清らかな心の人でも病に倒れます。

白鳥が病気になっても白鳥の心に欠点があり、霊性が低いとは言われません。単純に心が正しければ病にならないは根拠のない思い込みのようです。

インテグラル・ヨーガの創始者シュリ・オーロビンドが階段で足を踏み外して骨折したことがあります。「マハトマ(偉大な聖者)であるあなたがこれを未然に防ぐことをできなかったのでしょうか?」とたずねた人がいました。オーロビンドは「生身の体は限界があり、物理の法則にしがうのです。」と答えたそうです。

病の原因がその人の不完全さにあるのではないことが分かっていれば、自分が病になった時にいたずらに罪悪感を抱く必要はないでしょう。

病気の原因をすべて食物のせいにして食事や健康食品だけで病気を治そうとしたり、感謝して心が調和していれば病気にならないと考える人がいますが、病気を特定の原因のみに還元してしまうことはできないのです。

肉体が健康に見えても心が病気の人もいますし、肉体が病気でも心が健康な人も居ます。肉体の病と精神の病はカテゴリーが違うのです。

純粋に物理的な次元に原因があるときの対応は心理的なことよりも環境の改善や呼吸や体の歪みの修正や食べ物や薬、手術のほうが効果があります。

いくら食事に気をつけて健康的にしても、食べ過ぎたり運動不足だったり、健康になるためにと無理にいやいや食べたり、恐怖や不安で心が一杯で、神経質で心がストレスに弱かったりすれば病が発生します。いくら悟った賢者や聖者でもであっても、毒物や発がん物質を取り続ければ病になってしまうでしょう。

仏教の開祖、お釈迦さまも食中毒でお腹を壊し、苦しんで亡くなっています。

ヨーガ・チューダーマニ・ウパニシャッドによれば身体にはグロスボディ(粗大)、サトルボディ(微細)、コーザルボディ(元因)の三つのレヴェルがあります。

サトルボディ(微細)に問題があるときは情動など無意識に潜むトラウマの解放と関係し、薬や手術、食事療法では解決しません。

医師は薬や手術などの物質的なグロスボディ(粗大)のレヴェルしか扱わず、治療師は自己の手法に固執して異なる身体のレヴェルを混同してしまいがちです。

コーザルボディ(元因)の病は本当の自分を忘れて、深く眠りこけていることです。

世界をあるがままに見ないで頭の中の言葉が作り出す幻想を見ています。自己と世界は分離して存在しているという幻想をいだきサンサーラ(輪廻)という迷いのなかに入り込んでいます。そのため生老病死という四つの苦に満ちた状態に置かれています。

コーザルボディ(元因)の治癒とは夢と眠りから目覚めることです。智慧(プラジュニャー)が開かれると、すべてのものは縁によって生ずる実体がない空(シュニヤータ)であるという洞察が起きます。

自己の本質は物質とマインドのレベルを超えているので傷つくこともなく、病むこともなく、生まれもしないし、死にもしません。

本当の自分は病と健康、生と死という二元性を超越した存在なのです。

***************************
無条件の愛、永遠の至福、無限の光、沈黙、虚空などの言葉は言語で表現できない真実の自己を表しています。
思考は自己イメージを持ちそれが自分だと思い込んでいます。
思考に同一化することをやめてリラックスしたとき
自他を分ける境界が消え観照の意識だけがある微細な領域に気がつきます。

探求者を観照に誘導するワークショップをします。

◉2018年11月25日盛岡
清水友邦1dayワークショップ『チャクラ・アウェイクニング』

https://www.facebook.com/events/242525693099446/

◉2018年12月7日8日東京
清水友邦・個人セッション

https://www.facebook.com/events/244163209596851/

◉2018年12月9日東京
清水友邦1dayワークショップ『ハートの目覚め』

https://www.facebook.com/events/1119567348212611/

◉2019年4月28日29日30日花巻
清水友邦2泊3日ワークショップ
~古い自分の死と新しい自分の再生~

https://www.facebook.com/events/237520000444040/

**************************
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。