FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/06/01

女神

古代で女性は神聖にしておかすべからざる存在でした。性交が自由に誰とでも行なわれていた時代は父親が誰かは解らなくとも母親は誰であるかは確実にわかります。母親が主な親であり、大地と母は命を生み出す事から同一視されていました。

34032593_1959221870807063_1788329879888986112_o.jpgアルテミス   紀元前1世紀   トルコ  エフェソス博物館


リキュア人は母系なので男性よりも女性に敬意を払っていました。母方の性を名乗り遺産を相続できるのは息子ではなく娘でした。族長の長男・次男は一族全体の中に消える運命にありました。エジプトも娘だけが相続権を握り両親を扶養する義務を負っていました。古代は母系を築いていました。

部族の男たちが牧草地などをめぐってあらそいが起こると、最初は拳でなぐりあうだけですが、エスカレートしてくると次には石を投げあうようになります。誰かが負傷すると今度は弓矢や剣を持ち出して戦い殺し合いを始めてしまいます。そんなときは女性たちが戦っている男たちの間に入って戦いをやめさせました。

戦いをおさめるのは年長の女性でした。彼女たちは尊敬されており、彼女たちを傷つけてはいけない掟があったのです。

アフリカのアカンの人々は男性に命を与えるのは女性と考えています。アカンで老女はアベレアという智慧をもっているので尊敬されていました。

34031917_1959221954140388_4913975119619031040_o.jpgエルチェの貴婦人 紀元前4世紀 バレンシア マドリッド考古博物館


哲学のフィロソフィアはギリシア語の智慧をあらわす女性名詞ソフィアからきています。アリストテレスは『形而上学』を「ソフィアをあつかう学」としました。グノーシスでは智慧の女神「ピスティス・ソフィア」として出てきます。無知の闇に閉じ込められているアダムとイブに知識の木の実を食べるようにヘビを遣わしたのが智慧の女神ソフィアです。仏教の智慧を表すプラジュニャー(般若)は女性名詞です。東洋も西洋も智慧を表すのは女性名詞でした。

アシャンティ王国の王母は最も信頼されていたので戦いをやめない王を罷免したり助言をして戦いをやめさせることができました。

34203634_1959221890807061_793368175688286208_o.jpgバサの貴婦人 アンダルシア 紀元前4世紀 マドリッド考古博物館


このように古代の老婦人たちは智慧を持っていたのでケルトやゲルマン人の間でも部族間の争いをおさめ、血の復讐の代わりに和平と同盟を結ばさせました。この智慧はベーリング海峡をわたってアメリカ大陸へ移り住んだネイテヴ・アメリカンのイロコイ連邦に受け継がれています。

イロコイ族の族母(クランマザー)は大きな権限を持っていました。族長は族母によって選ばれ、族長にふさわしくない言動があれば、族母は辞めさせることもできました。

食料がなくて困っている家族がいれば他の家族が惜しみなく食料を分け与えました。何か問題が発生すると多数決では無く、老若男女子供まで含めた皆が理解するまで話し合って決めました。

ヨーロッパから白人達がやって来るとアメリカ・インディンはこう言いました。

「欲しいと言ってくれれば自分達が持っているものはいくらでも分けてあげるのに、白人達はなぜ、銃で殺して奪うのか」

男性原理は分離敵対し競争します。現代社会は男性原理が優位になっています。これからバランスを回復するために愛と調和に導く女性原理が表に出てくるでしょう。

34138859_1959221907473726_2582990200783241216_o.jpg
アリアノイの水の妖精 紀元2世紀   トルコ ベルガマ博物館

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。