--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/06/16

シャンバラの勇者




生命は環境に適応しながら自己増殖をします。増殖の限界が起きる臨界値つまり破局に直面すると生命はゆらぎを創り出し、自己を超越して、より新しい秩序に向って進化させてゆきます。
カーラチャクラ・タントラによると「人々の心が荒廃した時にシャンバラの戦士(勇者)が現れてシャンバラの王国を築く」とあります。
シャンバラとはチベット人が信じる雪山に囲まれた理想の仏教国ですが、シャンバラの王国とは目覚めた人々が住む世界のことでもあります。
「シャンバラは幻想や象徴ではなく、この世に実在する世界なのです。ただし、たとえあなたが地図を広げてシャンバラを捜そうとしても、見つけることはできないでしょう。シャンバラは、徳を高めた者以外には、発見することも訪れることもできない清浄な土地にあるからです」ダライ・ラマ14世
目覚めた世界はすでに私たちの心の中に存在しています。誰もがそのヴィジョンを潜在的に持っています。すべての人々はシャンバラの勇者になる可能性を秘めています。ただ自分が誰なのか忘れているだけなのです。
シャンバラの勇者の武器はドルジェ(金剛杵)とティルブ(金剛鈴)です。J・メイシーによると、その武器の意味する所は慈悲と智慧です。
慈悲の心が無かったら痛みを共有して行動する力が湧いてきません。しかし慈悲だけでは消耗してしまいます。 問題が起きている事の根源を見抜く洞察力である智慧、しかし智慧だけでは冷たすぎます。この二つがそろった時にはじめて無敵のシャンバラの勇者となります。

35273582_1976816585714258_1978533163722342400_o.jpg

この世界で起きている問題が善悪の戦いではなく、人間の心が創ったマーヤ(幻)である事をシャンバラの勇者はしっています。恐ろしい魔神に出会ってもシャンバラの勇者は実体がない事を見抜いてそれを解体する勇気を持つ事ができます。
矛盾やおかしな点があった時、その根源を明らかにする洞察力(上丹田)他の生き物の痛みを共感するハート(中丹田)ミッションを最後までやりとげる勇気と行動力(下丹田)この三つの丹田が開くとシャンバラの勇者となります。その人数がある臨界値を超えた時、文明の根本的な変容が起きます。地球は相互に助け合う愛の惑星になるのです。
シャンバラの戦士は戦わないので訳語を勇者に変えました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。