FC2ブログ
2018/12/26

黒い聖母

48418205_2278031202259460_9163086561628127232_o.jpg

ヨーロッパ各地で約450体の黒い聖母マリア像が存在してます。
ブルゴーニュの黒い聖母崇拝の中心地で生まれたクレアヴオーの聖ベルナール(1091〜1153)はシャティヨンにある黒い聖母の像の胸からこぼれ落ちた母乳を三滴飲む霊的体験を幼少時に受けたと伝えられています。
聖ベルナールはマグダラのマリアと同一視したベタニヤのマリアへの忠誠をテンンプル騎士団に規則としてあたえました。テンプル騎士団が崇拝したといわれるバフォメット(Baphomet)はソフィア(Sopia)を暗号化したものといわれています。黒は古代の知恵の象徴でした。

テンプル騎士団はコンポスティーラの巡礼地を保護しました。巡礼地に沿ってテンプル騎士団の支部と黒い聖母崇拝の教会が点在しています。フランスの出発点のヴェズレーはマグダラのマリアの崇拝が盛んな場所で黒い聖母の聖地ともなっています。黒い聖母はテンプル騎士団が崇拝しマグダラのマリアと古代の智慧と関係していました。

アルトエッティングは「バイエルンの(信仰の)心臓」と呼ばれ年間100万人の巡礼者が訪れるドイツで最も知られた巡礼地です。巡礼の目的は「黒い聖母」です。

中世パリのサンジェルマン教会には1514年まで黒いイシス像を聖母マリア像として飾られていました。シチリア島ではマリアの聖母子像のかわりにデメテルの母子像を奉る事が許されていました。母が子を抱くイシスやデメテルの像はマリアの聖母子像に似ていたのでキリスト布教初期には同一視されたのです。

ギリシア神話に登場するデーメーテールは地母神の神格を受け継いだ穀物をつかさどる豊穣女神です。ギリシア語のDeは三角形のdeltaのDeで「女陰を表す文字」でmeterは「母親」の意味です。デーメーテールの古い異名はメライナ(黒い者)で黒い衣服に身を包み頭に蛇がからみついた姿をしていました。デーメーテールの古い祭儀の場所は洞窟や、丸天井式地下納骨堂で入り口が三角形で通路が膣状で短く、丸天井になっていました。暗い洞窟も丸天井も女神の子宮を表しています。そこで死と再生の祭儀を行っていたのです。

フランスの巡礼地として古くから聖母マリア信仰が栄えたル ・ピュイ・アン・ヴレイの聖母も黒いマリアです。スイスのアインジーデルンのベネディクト会修道院、ヨーロッパのピレネー山脈東部、プロヴァンス地方の山間部の教会やブルターニュ地方ギャンガン、スペイン・カタルーニャ地方のモンセラートにも黒いマリア像が置かれています。それらはかつてケルト以前から続く古代の聖地だった所です。

49060588_2278031188926128_7064268152971984896_o.jpg

黒い聖母崇拝は古代の地母神信仰の痕跡で常に癒しの水や川の合流点、火山など、大地のエネルギーと関係していました。穂麦のマリア、マリアの泉、ブナの聖母、満月に照らされている泉は若返りの力があるなどの聖母マリアの伝説はヨーロッパ中にあります。キリスト教以前の古代ヨーロッパの地母神信仰はマリア信仰に取って代わったのです。

古代母権社会の大地母神キュベレは、大きな黒い石の姿でローマのパラティン丘の神殿に据えられていました。地母神を受け継ぐアルテミス神殿のご神体は黒い隕石でした。

北アフリカの紅海沿海地方トログロデュタイ人の女たちはとても念入りに黒化粧をしました。黒く化粧をするのは豊穣の大地を表し、昼を生み出す夜の闇と結びついていました。エジプトのイシス、フリギアの大地母神キュベレとその神格を受け継いだアルテミスも肌が黒く塗られていました。アルテミスは月の女神ディアナでもありました。

闇に落ちた人間の罪を救うのは闇夜に輝く月の女神でした。中世の男性社会の罪から救う力があったのは古代の地母神信仰を受け継いだ黒いマリアだったのです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント