FC2ブログ
2019/01/27

魂の成長



生きていると必ず絶望の縁に立たされる事があります。心配や不安が起きてくる状況は誰でも避けたいと思います。避けれない事態が起きたその時に、目を背けて逃げるか、それともしっかり向き合って自分を見つめるかで、その人の生き方は変わって来ます。
否定的な感情が現れるとマインドは瞬時に蓋をして内側の感情を見ないように、感じないようにしてしまいます。マインドは即座に反応して避けようとするのです。

支配的な親から「競争心を持て、絶対に負けるな。常に勝たなければいけない」という条件つけを受けた人は弱い自我では世間からはじき飛ばされてしまうのではないかという恐怖を持っています。恐ろしい状態にならないように自我を強化して(心理的な鎧)弱みを見せない生き方をします。ですから一見強そうに見える人でも実は弱さをもっています。

内側で起きている欲求が満たされないと代理の欲求で外側を満たそうとします。しかし、本当の欲求ではないので、満足することはありません。結局、代理欲求はどんどん増幅を続けてしまうという特徴があります。

現代社会の代理欲求は社会的な名誉や地位であったりお金や物に対する欲望であったりします。
しかし、社会的な地位や名誉を築いた人や金持ちがかならずしも幸せとは言えないのです。
本当の欲求が満たされないかぎり、代理欲求を満たす行動をいくらとっても本当の満足が得られないからです。

消費世界では心の分離感をお金と物で埋めようと大量消費に走ります。しかし、いくら物を買い集めても心の隙間は決して埋まりません。本当に求めているのはお金や物ではなく人との愛情あふれたつながりだからだです。

欲望はかぎりないのでそれに囚われてしまうと、偽りの欲求を続ける人生で終わってしまいます。また地球の資源は有限なので、欲望のまま消費を続けてしまえば地球の資源は枯渇し環境は崩壊してしまうでしょう。

現代は競争社会なので組織の部分として機能することを社会は要求します。何の疑問ももたずに部品として、機械の歯車としてピラミッド社会に適応しようとしますが、人間は部品ではないので自分がしたくないことをしていると必ず心の状態が不安定になります。

50748239_2332088620187051_8796635764340293632_o.jpg


心に悩みをかかえた状態、心が不安定な状況というのは自分を大きく変えなくてはいけない事態になっています。自分はこういう人間だという自己イメージが崩壊しつつあるのです。

「いやだ。受け入れたくない。変わりたくない。」と言っても今までの古い自分ではもうやっていけないのですから、いやでも変わらざるをえないのです。

古い自己イメージが死んで新しい自己イメージが誕生するプロセスを16世紀スペインの神秘家「十字架の聖ヨハネ」は「魂の暗夜」といいました。新しい朝を迎えるには暗い夜を経過しなくてはならないのです。

ユングは魂の成長、実存的変容と呼びました。サナギが蝶になって飛び立つのです。

実存的変容が起きると頭の中でいやなことから逃げたいと思っても、今までの存在を否定する恐怖が浮上して来ます。今まで自分だと思っていた自分は偽りの自分だったのです。自我は自分の死に恐怖して怯えます。突然の恐怖に抵抗すると、全く身動きできない状況や呼吸困難、過呼吸、自失状態、錯乱状態になったりすることもあります。

安定した自己イメージは生命力である生の衝動のエロスが維持します。保守的な状態はエロスの衝動に身をまかせていて死の衝動であるタナトスをさけています。ところが、エロスが弱まるとタナトスの力が強まってバランスが崩れて自己イメージは崩壊します。

自我は不安から逃げるために、映画を見たり、酒を飲んだり、友達と長電話したり、仕事に没頭したり、ショッピングをしたり、ケーキやチョコを食べたり、一時的に蓋をして葛藤をさけようとしています。
しかし、それはあとまわしにすることになりますから、避けても最終的には自分自身の問題と直面せざるえをえません。
実存的な問題に本格的に直面しないでこういった局面を回避していても阻害されたエネルギーの流れは表面化してきます。
それが体に出て来ると不快な症状という病気の問題が出て来ます。体ではなく心の問題として起こる事もあるでしょう。両方とも一緒に、あるいは社会的な問題として出てくる事もあるかもしれません。

実存的なプロセスを無視して、体だけを治しても実存的な問題はそのままなので、心や対人関係に問題が浮上して来ます。実存的な問題を抜きにして心の問題だけをセラピーなどで処置してしても今度は身体の問題として出て来るでしょう。

50714525_2332088606853719_7894588590892515328_o.jpg


内部で変化が起きている時に蓋をした場合、抑圧する力が強いほど対抗する力も強まってしまいます。強く抑圧しているうちに突然、激しい行動表現が起きて、自我が崩壊します。その時、上昇して成長するか。下降して退行してしまうかの選択があります。
社会的経済的問題に出会う事もなく、大きな病気もせず、心の問題を感じないで、一見平凡な人生を送って来た人でも、肉体の死を迎える時に大きく実存的危機をむかえるようです。実存的変容は誰も避けては通れない道なのです。

変容が突発的に起きた場合は自我がいったい何が起きているか理解できないので下降して退行してしまいます。変容が自覚的に行なわれた場合は上昇して意識の進化・成長が起きるのです。

変容が起きることはチャンスです。体と頭が元気なうちに、自覚の訓練をして、変容が起きたときに慌てない準備をしておいた方がいいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント