FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019/02/17

聖なる輪


大湯ストーンサークル 秋田県

縄文の人々は円にこだわっていました 。

縄文は丸い輪の形をした土や木や石でサークルを造り、広場を中心に竪穴住居を同心円形に配置していました。
日本語の「わ」は「環(わ)」「輪」「我(わ・われ・わたし)」「和」「調和」「平和」「和解」「あわす」「わくわく」につながります。
調和した宇宙の力は丸い円の形をとります。

地球の形も太陽系も銀河系も、原子核の周りを回る電子もありとあらゆるものが、輪を描いて動いています。
円環の中で生と死が繰り返されています。

円は始まりも終わりもなくひとつに繋がっています。

アメリカ・インディアンは聖なる歌を歌いながら手を繋ぎ、円を描いて回わるダンスをしました。
縄文の人々も火を焚いてそれを中心に輪になって踊っていたと思います。

旋回しながら舞をしていると大地から螺旋状にエネルギーが上昇して来ます。

『世界をつかさどる聖なる力はすべて、輪の形をとる。
空は丸いし、大地も球のように丸い、星たちもみな円い。
一番強い風は、丸く、渦を巻いて吹く。
鳥は丸い巣を作るが、それは鳥も私たちと同じ信仰を持っているからである。
太陽も輪を描いては昇り、そして沈んでいく。
月も同じだ。そして、太陽も月も円い。
季節さえも、一年経つと大きな輪を描いて必ずもといた場所に戻ってくる。
人の一生も、子どもから子どもへと、輪を描く
こうして、あらゆるものすべては、円環に働く。』
ブラックエルク(オガララ・ラコタ族)

この世界の全てのものは聖なる輪であるメディシン・ウィールの中で調和して存在しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。