FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/30

極楽は今ここに在る  法然上人

13895511_1220323924696865_5034040769999575972_n.jpg

法然上人( 1133~1212年)は 1133年美作に生まれました。岡山県久米郡久米南町の生家後に誕生寺が建立されています。

幼い時に父親が夜討ちに会い目の前で殺され深いトラウマを残します。法然上人は九歳で出家して比叡山で修行しました。
その頃の平安仏教は形骸化していて比叡山には権力や名誉欲の虜になった貴族の子弟が集まっていました。
法然上人は全仏典を繰り返し読破し、お堂に篭って熱心に念仏を何時間も唱えました。そして43歳の時に山を下りました。

13900270_1220324001363524_1687122729064346692_n.jpg

法然上人はこんなことを言っています。「人間には与えられている運命というものがあって、病気を治してほしいと、どれだけ神仏に祈ったところで同じなのだ。祈って、病気が治ったり、寿命が延びたりする事があれば、誰一人として、病気で死ぬ人がないはずだ。」

13876368_1220323951363529_5013337926107342467_n.jpg

法然上人が掲げる救いの条件はただ一つ声に出して念仏を唱えるだけの非常に単純な専修念仏でした。日本仏教で最初に組織的な弾圧を受けたのは法然上人でした。それだけ法然上人の専修念仏は平安社会を揺り動かす破壊力と影響力がありました。

法然上人は数日間念仏行を行う別時念仏と呼ばれる集中的な念仏行を繰り返し行っています。
法然上人の死後に出てきた「三昧発得記」によると法然上人は荘厳な浄土のヴィジョンを見ていました。それは目を閉じても見え、目を開いてもこれを失いませんでした。数日間眠らずに念仏を唱えた結果、非物質的なサトル(微細)の領域に入ったのです。

13882429_1220323914696866_1917458239489930763_n.jpg

大般若経によると菩薩には肉眼、天眼、法眼、慧眼、仏眼の五つの眼があると説かれています。
肉眼、天眼が自然界を見る眼で、法眼が開くとこの世界が浄土の荘厳な様子のように黄金の光に満ちて美しく見えます。慧眼が開くと眺めている世界と眺められている世界が一つで光明そのものである事がわかるようになります。仏眼では見るものと見られるものすべてが光明に溶け込んで一つになっている世界です。
法然上人は物欲にまみれた娑婆世界と光明に満ちた浄土世界の両方を見ていたのでしょう。

13680579_1220323958030195_2165413592525028756_n.jpg

法然上人は75歳の時に僧侶の身分を剥奪され四国へ流罪になります。
ところが法然上人は悲観するどころか「これは非常に有り難いことである。そういう人たちにやっと出会える機会が与えられた。朝恩だ。天皇さまのお陰だ」と前向きにとらえてます。
法然上人が流罪で播磨の国に着いた時、遊女の船が近づいてきました。遊女が問いかけます。「世間にはいろんな職業があるのに、どうして、私たちは汚らわしい身となったのでしょう。どうすれば救われるでしょうか?」
法然上人はこう言いました。「そのような生活では罪も深いでしょう。出来るものならやめたほうが良いのです。しかし、他に食べてゆく道がないのなら、今のまま念仏を唱えなさい。阿弥陀如来はあなた達のような女人を救おうと祈願したのだから、決して自分を卑下することはありません。信じて念仏しなさい。かならず、極楽往生しますよ。」

13882319_1220324051363519_5996226509269251577_n.jpg

法然上人は八十歳、弟子の親鸞上人は九十歳と念仏の開祖は十三世紀の中世においてとんでもない長寿を遂げています。
悪い事をすれば地獄へ良いことをすれば臨終の時に雲間から光明がさし阿弥陀如来が現れ西方浄土へ旅立つと世俗の教えは説きます。
法然上人は臨終の時に「極楽に行けるのですね」と弟子が質問すると「私は極楽から生まれ、極楽の世界に生きた。また極楽に帰るだけのことである」と答えてます。
阿弥陀の光明はどこにでも常にあるのです。つまり極楽浄土は死んだ後の何処か遠くにあるのではなく、今ここに在るのです。
本当の自分は肉体の生死を超えていて、そして不増不減で空なんです。極楽を求めてどこかへ行く事はありません。一瞬一瞬のいまここを丁寧に生きることが救いの道なのです。
町田宗風 法然を語る
http://www.arigatozen.com/interview_a08.php


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。