FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/09/13

あらゆる現象が空であることを知る

私たちは子宮の中で母と一体となっている至福の状態から分離して、産道を通り、苦痛と苦しみを通り抜けてこの世界に誕生します。

母親の姿が見えなくなると、幼い子供は、自分が置き去りにされたと思ってしまいます。そして子供は「見捨てられるのではないか」という不安・恐怖をいだきます。

泣くなという条件づけを受けたために泣く事よりも怒りと暴力の方が簡単にでる男性がいます。怒りの奥には愛を受けとれなかった悲しみと不安があります。心の底では子供頃の自分が今も叫んでいます。「お母さん 行かないで私をひとりにしないで」

不安から逃れるために合理的思考を発達させ左脳優位になってしまったのが現代社会です。

石をなげると水面がゆれるように、思考を使って自己の本性をみようとすると、思考自体が曇りとなって見えなくなります。
思考で自己の本質を知ることはできません。本当の自分を知るには思考に同一化することをやめなければならないのです。
あなたと私という分離感が不安と苦しみをもたらしています。思考が世界を分けてしまうのです。

母親が不安を持つと強い影響を受ける子供も不安をもってしまいます。

人生では怒り、悲しみ、絶望、不安、笑い、歓喜とあらゆる感情に巻き込まれ自分を見失う経験をします。思考や感情は気づきという心の広がりの中で浮かんでは消える泡にすぎません。

次から次へと現れては去ってゆく思考や感情を観照して、それ自体が空である事を見て取ることができると、今まで思い込んでいた自分は思考が作り上げた夢だった事に気がつきます。

あらゆる現象が虚であり空であることを知り、全体をあるがままにすべて受け入れたとき行為している自分はいないということに気がつきます。

ただ自然に風が吹き雲が湧いて雨が降るように心の中の感情や思考もまた自然に起きています。喜怒哀楽の感情も雨や嵐が来るようにただ自然に起きているだけなのです。

暴風雨で荒れ狂う台風でも中心は穏やかでいつも青空がでています。心が波打つ不安定な状態になっても自己の中心はいつも静寂です。

意識のどの段階にも本当の自分はいるのでどんな状況でも本当の自分を見失うことはありません。 中心はいつでもいまここにあります。

いつも静かにあるがままに見守っている本当の自分に母親が目覚めた時、その母親から生まれた子供たちによって地球は愛の惑星になっていくでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。