2018/04/10

傀儡舞と放生会

30415395_1898412846887966_660850455873585152_o.jpg

宇佐神宮の発祥と関係が深いのが和間神社です。
和間神社は全国各地で行われる放生会(ほうじょう え)の発祥の地です。
放生会(ほうじょう え)は隼人の反乱が鎮圧された後に宇佐に疫病や凶作などが続いたので隼人の祟りを鎮めるために744年、和間の浮殿で傀儡子舞を奉納しニナ貝(蜷貝)を海に放したことが始まりとされています。


30415032_1898412293554688_2760581832842936320_o.jpg

宇佐神宮の最古の祭祀儀礼、放生会(ほうじょう え)は初日の10日に宇佐神宮から八幡大神が神輿に乗って海上から和間神社の浮殿に向かって傀儡子の舞を奉納して最終日の12日に宇佐神宮へ戻ります。
江戸時代に中止となり現在、傀儡子の舞と神相撲は古要神社が3年に1度、古表神社は4年に一度奉納されています。
隼人は薩摩隼人、日向隼人、大隅隼人と土地の名がつけられています。隼人は中央主権を作らない部族連合だったので大和政権に鎮圧されてしまいました。

30415172_1898412330221351_826736609834565632_o.jpg

隼人は農耕を営んでいた弥生の風俗とは異なり、顔に顔料を塗り、竹細工が得意で相撲や舞踏を好んでいたようです。
九州には、おおわたつみ族(海人族・あづみ族)というまつろわぬ部族がいました。おおわたつみ族海幸彦の末裔が隼人でした。
隼人は服従し宮中で隼人舞と隼人相撲を演じたと言います。そうして、隼人の服属儀礼が芸能として八幡信仰と結びつき傀儡子などの芸能集団になったのではないかと思います。

30264453_1898412606887990_8974816622963326976_o.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント