FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/04/10

神事芸能の始まり



沖縄本島東方海上の久高島では、12年に一度、島の三十歳以上の既婚女性が巫女になるイザイホーとよぶ儀礼を行なっていました。

女性たちは円陣を組んで、両手を前に合わせたりおろしたりしながら、神さまに捧げる神歌を歌いながら旋回の踊りを繰り返して巫女になりました。

歌い踊る、神事のすべてを「遊び」といっています。神霊を身体に依り憑かせることを「遊び」といったのです。

それはタマとむすんで神霊と一体となる魂振りという呪術的行為のことでした。

久高島の最後の神女(かみおんな)と呼ばれた内間カナさんは次のように証言しています。

「昔はさぁ、私の頭の上に神さまが降りてきてくださったものですよ。男の人の相談の時には男の神さまが、女の人の相談には女の神さまが来ていろいろ教えてくれたのさぁ。でも今はもう誰も頭の上にいない。だから私は赤ちゃんのようになってしまっているのさぁ」

古い巫女舞の所作は旋回運動をします。巫女が旋回しながらシャーマン意識状態に入って先祖の大地母神や大祖母の霊であるタマとむすぶことが芸能の始まりでした。

それらは神事芸能として歩き巫女としての遊女や傀儡、白拍子となりました。

30443158_1899520710110513_7185842072778178560_o.jpg


「阿知女作法(あちめさほう)」という海の底深くにいる阿曇磯良(あづみのいそら)の神に呼びかける宮廷に古くから伝わる御神楽(みかぐら)の歌があります。

あ~ち~め―(一度)、お~お~お―(三度)お~けー(一度)の呪文を挟んで次のように最初に歌われます。
「あめつちに きゆらかすは さゆらかす かみわかも かみこそは きねきこう きゆらならは」

最後の方に
「みたまみに いまししかみは いまそきませる たまはこもちてさりくるみたま たまかへしすなや」
と九つ歌われ呪文が繰り返されて終わります。

阿曇磯良(あづみのいそら)は志賀の皇神(すめがみ)として博多湾の志賀海神社の御神幸祭で磯良(いそら)の舞が奉納されています。


30515819_1899520673443850_4564045236157808640_o.jpg

阿曇(安曇)氏は神武天皇の母の玉依姫を先祖としていました。阿曇は阿知女(あちめ)であり皇神(すめがみ)でした。女神だったのです。

志賀海神社には神楽の舞におびき寄せられた阿曇磯良(あづみのいそら)が海底の竜宮城から現れて潮の干満を操る霊力を持つ秘宝の珠を献上して神功皇后は新羅を討つことに成功したという伝承が伝わっています。

阿曇(安曇)氏は磐井の乱のあと北部九州の福岡志賀島一帯から離れて全国に四散しました。

30440746_1899520616777189_5786301024889208832_o.jpg


志賀海神社の磯良(いそら)の舞は傀儡舞として宇佐八幡宮の神事芸能として八幡信仰と共に全国に広がっていきました。それが春日若宮のおん祭や、祇園御霊会で演じられ、宮中にも取り入れられて、神楽の元祖となったと言われています。

磯良(いそら)神は傀儡・遊女が祀る百太夫・白太夫の神として西日本各地の神社の末社として祀られています。それは八幡神に服属して生き延びた海人族の隼人の姿でもありました。

鎌倉時代までの傀儡・白拍子・遊女の社会的地位は低くなく課役・交通税を免除されて諸国を遍歴し、芸能を通じて聖なる神々に奉仕する祭祀集団でした。戦乱が起きた南北朝以降女性の地位は低下していったのです。

30516577_1899520336777217_5564481894084509696_o.jpg


志賀海神社
所在地:〒811-0323 福岡県福岡市東区志賀島877
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。