FC2ブログ
2018/05/08

「舞と踊り 」1 男性の祭司へ




古代において、女性は神聖な存在でした。
大和朝廷樹立以前の古代の女性は神の声を聞き、託宣を行なう女性リーダーでした。
神事芸能の祖はアメ(アマ)ノウズメ(天宇受賣命、天鈿女命)と言われています。アメノウズメが天の窟戸の前 での覆槽(うけふね)の上で足を激しく踏み鳴らし、鉾で槽を衝いて神懸りする所作は、 宮中祭祀の「鎮魂祭」で「猿女君(さるめのきみ)」に受け継がれました。
神楽では大地を踏む所作を反閇(へんばい)と言います。反閇は《翁》《三番叟》《道成寺》などの猿楽、相撲の四股、歌舞伎の六方に見られます。
反閇は邪気や悪霊を祓って土地を清める呪法という説明が一般的ですが、巫女は舞を舞うことでシャーマン意識状態に入り、そして、神がかりした時の跳躍が反閇となったのです。
閉じていた下のチャクラが解放されたときの状態が反閇になったのです。
旋回しながら舞をしていると大地から螺旋状にエネルギーが上昇して来ます。
そのエネルギーは恐怖を伴うことがありますが、恐れずに虚空に明け渡しをすることで、人は自我を超えた神となるのです。
「舞の心構えとは、物に拘泥せず、人の目を気にせず、心のうちにいっさいの思いが浮かんでこない無心無想の状態にあって謡と舞、体と心とがひとつに集中されたまま、楽の音にのせて舞うのである」金春禅竹
鎮魂法で旋回運動を「まい」といい、跳躍運動が「をどり」で、その神事を「遊び」と言いました。
遊部 ( アソビベ )という鎮魂の神事を司る役職は女性の比自岐和気 ( ヒジキワケ )が代々受け持っていましたが、のちに、神事の役職は女性にはふさわしくないとされて、その家系の女性を娶った男性の円目王(つぶらめおう)が行なうようになりました。
婚姻が母系から父系に変わり祭司長が女性から男性に変わったのです。

31501781_1923499401045977_8726750341422383104_n.jpg

律令制が輸入されると巫女は正式の官職ではなくなり、宮廷神祇官の男性神職の下にされてしまいました。
天の窟戸の前での覆槽(うけふね)の上で足を激しく踏み鳴らした故事は鎮魂祭の「宇気槽(うけふね)の儀」として七世紀の天武朝で儀式化され、十世紀の平安中期に編纂された『延喜式』では神職の数や行事作法が細かく制定されて形式的になり、十五世紀半ばには宮廷の鎮魂祭儀は完全に廃れてしまいました。
女性シャーマンから男性の祭司へ、アメノウズメから猿女君へと引き継がれた神事芸能が女面をつけた男性による舞手になり、社寺や霊場、祭場などへ女人が禁制となって修行が男性主体となった事は女性原理から男性原理が優位になったことを意味しています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント