2018/05/08

舞と踊り 2 「巫女」

31521639_1928757837186800_8736827030483501056_n.jpg

縄文から弥生そして古墳時代のヤマト王権が成立以前の先住民に出雲族・海人族がいました。その痕跡は地下水脈のように神事芸能の舞の中に残されていました。

九州の志賀海神社・宮地嶽古墳・宇佐神宮・和間神社を訪ねたことで傀儡ことが明らかになってきました。奈良時代の神仏混合により全国の寺の鎮守神として八幡神が勧請されました。そして、八幡神信仰の広がりと共に傀儡舞が禊や祓いの神事芸能として伝播・保存されるようになったのです。

身体を依り代として神の言葉を託宣する女性を巫女といいます。平安時代の書物に巫女がしばしば登場します。

平将門が新皇と称することも巫女の託宣によっています。鎌倉の鶴ケ岡八幡宮でも神楽のあと八幡大菩薩の託宣を巫女が頼朝のころ鎌倉幕府にしています。中世の時代は皇族・公家から武士、知識階級である高僧に到るまで吉凶の判断を行う巫女の託宣を信じていました。

31542689_1923499407712643_2064903053374390272_n.jpg


神仏混合の巫女は神社も仏教のお寺にもいて巫女が舞、男神子が囃子を担当して祈祷や吉凶を占う神子集団を形成して収益をあげていました。

能楽の「葵の上」のように山伏と巫女がペアを組み、巫女が霊をおろして、山伏が加持祈祷で追い払うということも行われていたようです。

しかし、分配されていた収益は利権化が進み特定の男神子が主導権を握るようになり、息子に世襲化されるようになりました。

神仏習合の霊地は女人禁制となり神楽も男性だけが踊るようになったのです。男性が女の面をつけて踊るのは女性が祭祀の主導権を握っていた時代の痕跡でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント