--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/05/08

歩き巫女 舞と踊り 3



身体を依り代として神の言葉を託宣する女性を巫女といいます。平安時代の書物に巫女がしばしば登場します。
その中に信仰の伝道師として各地を旅から旅へと歩き回る歩き巫女がいました。
古代は禊祓いの鎮魂儀礼のことを「遊び」といいました。
万葉集では遊行女婦(うかれめ)と呼ばれ、、傀儡女(くぐつめ)や白拍子(しらびょうし)とも呼ばれています。
のちに遊女(あそびめ)は売春婦の意味になってしまいましたが、遊女(あそびめ)は旅をして神事芸能を披露する女性たちのことで、平安の頃には天皇や貴族たちの席で即興で歌を詠んだり舞を舞ったりしていました。
後白河法皇は、遊女・傀儡女・ 白拍子などを御所に呼び寄せて今様(平安時代の歌)を吟じ、歌いすぎて喉を痛めるほど芸能好きでした。
ついには70歳を超える傀儡女・乙前(おとまえ)を歌の師と仰ぎ御所に住まわせています。乙前(おとまえ)がこの世を去ると後白河法皇は命日にいつも歌を謠って傀儡女を弔ったと伝えられています。
傀儡女たちの共同体は母系相続だったようです。



日本書紀に中臣烏賊津(なかとみいかつ)が神託を判断する審神者(サニワ)となり武内宿禰が琴を奏でる中で神功皇后が神がかる話が出てきます。
古代の神がかりは琴師と審神者(サニワ)と巫女の組み合わせで行われていました。それは春日大社の囃子の役を持つ神楽男と琴師と舞を舞う巫女で行われる神楽の構成に現れています。
歩き巫女の中に各地を放浪して梓弓の弦を響かせて神降ろしをする「梓巫女( あずさみこ)」がいます。
古代ギリシャでは音楽を使い宇宙の音と共鳴させて分離していた心身が全体とひとつになるイニシエーションをしていました。竪琴の名手オルペウスは生きながら黄泉の国と人間界を自由に行き来き出来ました。
宇宙は音で出来ています。その音と共鳴する事によって自我の境界を超えた無限の存在である事を知るのがナーダ・ヨガ(音のヨガ)です。
先住民の世界には音楽や踊りでトランス状態に入り、日常意識を超えた精霊と情報を交換するシャーマニズムの文化がありました。
物事に優劣のランクをつけている自我は境界線という障害を作ってエネルギーの流れを阻害します。
自分と他者を切り離して見ている間は分離があるので葛藤がやむことがありません。
自我という境界がなくなり融合が起こると
時間と空間を超えた
無限の沈黙と静寂に気がつきます。
過去も未来もなく永遠の今だけがあります。
境界がなく、分け隔てがありませんので
それを無条件の愛と言ってもいいと思います。
自我の境界を超えて宇宙意識と融合した芸能の名手は古来からいたと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。