2018/05/08

「白拍子」 舞と踊り 5」

30715948_1909610819101502_4234601165582499840_n.jpg

平安時代末期から鎌倉時代にかけて白拍子と呼ばれた男装の舞妓がいました。
平家物語の平清盛の寵愛を受けた祇王祇女と仏御前、源義経と連れそった静御前は特に有名です。
後鳥羽法皇が抱えていた白拍子亀菊は親鸞・法然が流罪になる原因を起こしたり、亀菊に所領として与えた地頭を罷免するように後鳥羽法皇が鎌倉幕府に要求したことで、日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力の争い「承久の変」が起きています。
白拍子とは旋律とリズムの拍子のことで白拍子は神事として使われていました。
100日の日照りの時に神泉苑で白拍子が雨乞いの舞を舞うと雨音が大きく響いて三日間も続く雨が降ったという説話があるように、白拍子は神事芸能の傀儡をルーツにしていました。
天皇家の「遊部(あそびべ)」は葬式の時に刀を負い矛を持った女の禰義(ねぎ)と刀を背負って酒食を持った女の余此(よし)が呪文を唱えて棺を周っていました。のちに刀と矛は女に向かないといって夫に変わる話が伝わっています。
「大山寺縁起」には白拍子という遊女がいたが不浄があるので追放したという記述があります。平安鎌倉と時代の経過に従って神事から女性は追放され男性が独占するようになったのです。


30729522_1910390995690151_7980642744613732352_n.jpg

こうして、神事から追放された女性の中には共同体を作り、定住して仕事に就かず山から山へ芸能をしながら漂白の旅を続けた人たちもいたようです。
それでも遊女、傀儡、白拍子たちは教養が高く公家の家に出入りしては即興で和歌を詠んで和歌集に入るものもいました。
更科日記には足柄山を通過した時に遊女の歌を聞いて感動した話が出てきます。月もなく暗い夜に身なりも小綺麗にした15と20、50ばかりの美しい3人の遊女が現れて、唐傘をさして、火を灯し、美しい声で上手に歌ったので、人々はたいそう感動してもてはやしました。歌い終わった遊女たちが暗くて怖い山の中に帰ってゆく光景をいつまでも見送ったのでした。「こはた」という遊女の孫だと名乗っているので、遊女たちが母親から娘へと受け継がれる母系だったということがわかります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント