2018/05/08

「遊女(あそびめ)」舞と踊り 6

30726175_1909610732434844_6377618837868642304_n.jpg

古代は鎮魂祭を遊びといい禊祓いを執り行う巫女のことを遊女(あそびめ)といっていました。
現在では遊女といえば売春婦と同意語になっていますが実体は神社や寺社で神事芸能を演じる傀儡たちのことでした。奈良時代に万葉集で詠まれた遊行女婦(うかれめ)の遊行とは浮かれ騒ぐことではなく、諸国を歩いて芸能を演じる女性集団のことで売春を伴うことはありませんでした。


平安時代中期に成立した「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」によると芸能を生業としたのは遊女で夜を待ちて淫売をするのは夜発といいました。
春をひさぐ女性が増えてきたのは嫁取り婚が出てきた平安時代の中期ごろからです。母系から父系に変わり婿取婚から嫁取り婚になり男性が経済的な支配を強めると女性の経済的自立は弱まってきたのです。
一夫一妻制が定着して自由な男女間の関係性が失われると婚姻の外に性の捌け口を求める男性が現れました。暮らしのために性を売る女が増えてくるとやがて遊郭が現れて経済的に自立できない女性たちは大規模な売春組織に飲み込まれて行ったのです。

31421545_1920847131311204_5696668459035787264_n.jpg


古代の母系社会は母から娘へ財産が受け継がれたので女性は経済的に自立できたのです。暮らしのために性を売る女性はいませんでした。結婚制度がなく男性は子供の養育義務がないので、男女が自由に別れることに経済的な抵抗がありませんでした。
そして、古代には相互に求愛の歌謡を掛け合う歌垣(うたがき)という男女が出会うことができる祭があったので、誰もが容易に相手を見つけて変えることができました。万葉集で「歌垣の日は昔から神に許されている日なので他の誰と通じても咎められることはない」と歌われています。
好きになれば一緒になり、嫌になれば別れることができた縄文時代は自由恋愛だったので売春がなかったのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント