2018/05/20

猫渕神社と瀬織津姫



住田町に猫を祀る神社「猫渕神社」あります。ところがこの神社はハードルが高く場所がどこにあるのかわかりません。住田町史に出てくるということにも関わらず住田町の観光課に電話しても誰も知らないと言うのです。
合地沢(がっちざわ)という事だけはわかっていたのでとにかく現地を訪れて、通りかかった軽トラの地元の方に案内されてようやく参拝する事ができました。
31144263_1915514435177807_6372245881025986560_o.jpg

どうしてこの地区に猫の神社があるのかというと、住田町は昔一大養蚕地帯だったことがあり、猫は蚕を食べ荒らす鼠から蚕を守る養蚕守護神とされ猫渕神社で養蚕の無事と豊蚕が祈られたのです。
猫渕神社の別当は合地沢地区を開いた菊池家で肥後菊池氏の分流とされています。
菊池氏の氏神は熊野十二所大権現であり、熊野の那智大権現は瀬織津姫でもありました。

31154140_1915514538511130_3168764692747255808_o.jpg


那智の滝神を祀る四十八滝が住田町にもあり四十八滝神社の祭神は瀬織津姫となっています。
31206215_1915514495177801_5810406253960101888_o.jpg

九州の菊池氏は全国に四散しました熊本菊池氏よりも岩手県は菊池氏の数が多く全国トップです。早池峰大神である瀬織津比咩を祀ったのも菊池氏だったようです。
31131273_1915514505177800_853548239532589056_n.jpg

四十八滝もハードルが高く、橋のたもとに四十八滝の看板があるだけであとは看板がありません。途中の林道はすれ違い不可能な落石が多いかなりの悪路です。
車を降りて歩いていくと瀬織津姫を祀る「四十八滝神社」と素晴らしい「願掛けの滝」がありました。
31162386_1915514338511150_5211876044134416384_n.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント