FC2ブログ
2018/06/01

母系から父系社会へ

33994774_1958543460874904_1821897033582116864_o.jpg

母系の縄文時代は嫁入りがありませんでした。結婚を強制される事も別れさせられる事もなかったのです。戸籍もなければ結婚制度も存在していませんでした。母から娘へ家と土地、財産が受け継がれ子供は母親の家族と一緒に暮らしていました。

財産分与の問題も嫁舅の人間関係のわずらしさもありませんでした。男性は自分の生まれた家で生活していたので、自分の子供を養育する事はありませんでした。父親という概念さえもなかったのです。

男女の関係は好きになれば一緒になり、嫌になれば別れることができた本人同士の純粋な自由恋愛でした。

奈良・平安中期の時代までの子どもは母方の家で育てられる妻問婚が行われていました。

男は遠い夜道を通って女性の家に通い一番鶏がなく前に生まれた家に帰ってゆく通い婚でした。

気持ちが離れれば男は通わなくなり、女も気持ちがさめると男を家に入れませんでした。

男女間に経済の結びつきはなく、生活は別々でした。子供に父親という概念が希薄で時々母のところに姿を見せる男でしかなかったのです。

毎日顔をあわせる母方の祖父や母親の兄弟である叔父さんとの関係性の方が父親よりはるかに深かったのです。これが天皇の外戚一族が政治権力を握った背景でした。

33980228_1958543420874908_344632110021083136_o.jpg



平安時代の中頃から男性が女性の元へ通う妻問婚から婿が住み込みで妻の家に同居する婿取婚へ変化していきます。妻の父が婚姻決定権をもつようになりました。

武家社会の到来によって惣領制という家族制度が起こってきました。

母系と父系が混在するようになると女性の財産の帰属について問題が生じるようになりました。鎌倉末期ごろから正式な婚姻関係の正妻から生まれた嫡出(ちゃくしゅつ)の長男にのみ全財産を相続させるようになり女性は相続から除かれました。

鎌倉から室町時代は婿取婚から嫁取婚に変わる過度期にあたります。

嫁という漢字の正式の読みは「ケ」「カ」で、元々の漢字の嫁の意味は「ゆく」、「売る」「なすりつける」です。

嫁を取る婚姻の形態の始まりは略奪、召し上げ、進上でした。

応仁の乱以降、相次ぐ戦乱により社会の秩序は乱れて殺伐となり、女性を路上で奪う乱暴なことが天下御免のこととして頻繁に行われるようになりました。女捕り、辻取り、拐かし(かどわかし)などと呼ばれていました。

武家たちは立場が下の下級武士や力の弱い武家に対して略奪、召上、進上等の嫁取り婚を要求したのです。

地域集団が父系の原理に基づいている社会では嫁に来た女性は「よそ者」でした。自分の生家の親兄弟や親戚との結びつきの方が強く、他の親族集団への帰属意識が弱いので、嫁は子供ができるまでは、夫の氏族の一員とみなされませんでした。

儒教的な観念が支配的になると女性は男子を産むことが最優先であり子孫を残さないことは不幸の最も最たるものでした。その為に女性は子供を産む道具にしか過ぎず、子供を産めない妻は離縁されました。

妻に対する貞操観念が強くなり、夫方の家に縛られるようになりました。結婚の決定権は家に握られ、自由恋愛は礼節にふさわしくありませんでした。

室町時代以降は長男相続が一般的慣行となり、女子の財産権は消失しました。女性の社会的地位は急速に衰退していきました。そして女性は穢れているとして聖なる場所への女性の立ち入りを禁止する女人禁制が現れたのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント