FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/05/08

歩き巫女 舞と踊り 3



身体を依り代として神の言葉を託宣する女性を巫女といいます。平安時代の書物に巫女がしばしば登場します。
その中に信仰の伝道師として各地を旅から旅へと歩き回る歩き巫女がいました。
古代は禊祓いの鎮魂儀礼のことを「遊び」といいました。
万葉集では遊行女婦(うかれめ)と呼ばれ、、傀儡女(くぐつめ)や白拍子(しらびょうし)とも呼ばれています。
のちに遊女(あそびめ)は売春婦の意味になってしまいましたが、遊女(あそびめ)は旅をして神事芸能を披露する女性たちのことで、平安の頃には天皇や貴族たちの席で即興で歌を詠んだり舞を舞ったりしていました。
後白河法皇は、遊女・傀儡女・ 白拍子などを御所に呼び寄せて今様(平安時代の歌)を吟じ、歌いすぎて喉を痛めるほど芸能好きでした。
ついには70歳を超える傀儡女・乙前(おとまえ)を歌の師と仰ぎ御所に住まわせています。乙前(おとまえ)がこの世を去ると後白河法皇は命日にいつも歌を謠って傀儡女を弔ったと伝えられています。
傀儡女たちの共同体は母系相続だったようです。



日本書紀に中臣烏賊津(なかとみいかつ)が神託を判断する審神者(サニワ)となり武内宿禰が琴を奏でる中で神功皇后が神がかる話が出てきます。
古代の神がかりは琴師と審神者(サニワ)と巫女の組み合わせで行われていました。それは春日大社の囃子の役を持つ神楽男と琴師と舞を舞う巫女で行われる神楽の構成に現れています。
歩き巫女の中に各地を放浪して梓弓の弦を響かせて神降ろしをする「梓巫女( あずさみこ)」がいます。
古代ギリシャでは音楽を使い宇宙の音と共鳴させて分離していた心身が全体とひとつになるイニシエーションをしていました。竪琴の名手オルペウスは生きながら黄泉の国と人間界を自由に行き来き出来ました。
宇宙は音で出来ています。その音と共鳴する事によって自我の境界を超えた無限の存在である事を知るのがナーダ・ヨガ(音のヨガ)です。
先住民の世界には音楽や踊りでトランス状態に入り、日常意識を超えた精霊と情報を交換するシャーマニズムの文化がありました。
物事に優劣のランクをつけている自我は境界線という障害を作ってエネルギーの流れを阻害します。
自分と他者を切り離して見ている間は分離があるので葛藤がやむことがありません。
自我という境界がなくなり融合が起こると
時間と空間を超えた
無限の沈黙と静寂に気がつきます。
過去も未来もなく永遠の今だけがあります。
境界がなく、分け隔てがありませんので
それを無条件の愛と言ってもいいと思います。
自我の境界を超えて宇宙意識と融合した芸能の名手は古来からいたと思います。
2018/05/08

舞と踊り 2 「巫女」

31521639_1928757837186800_8736827030483501056_n.jpg

縄文から弥生そして古墳時代のヤマト王権が成立以前の先住民に出雲族・海人族がいました。その痕跡は地下水脈のように神事芸能の舞の中に残されていました。

九州の志賀海神社・宮地嶽古墳・宇佐神宮・和間神社を訪ねたことで傀儡ことが明らかになってきました。奈良時代の神仏混合により全国の寺の鎮守神として八幡神が勧請されました。そして、八幡神信仰の広がりと共に傀儡舞が禊や祓いの神事芸能として伝播・保存されるようになったのです。

身体を依り代として神の言葉を託宣する女性を巫女といいます。平安時代の書物に巫女がしばしば登場します。

平将門が新皇と称することも巫女の託宣によっています。鎌倉の鶴ケ岡八幡宮でも神楽のあと八幡大菩薩の託宣を巫女が頼朝のころ鎌倉幕府にしています。中世の時代は皇族・公家から武士、知識階級である高僧に到るまで吉凶の判断を行う巫女の託宣を信じていました。

31542689_1923499407712643_2064903053374390272_n.jpg


神仏混合の巫女は神社も仏教のお寺にもいて巫女が舞、男神子が囃子を担当して祈祷や吉凶を占う神子集団を形成して収益をあげていました。

能楽の「葵の上」のように山伏と巫女がペアを組み、巫女が霊をおろして、山伏が加持祈祷で追い払うということも行われていたようです。

しかし、分配されていた収益は利権化が進み特定の男神子が主導権を握るようになり、息子に世襲化されるようになりました。

神仏習合の霊地は女人禁制となり神楽も男性だけが踊るようになったのです。男性が女の面をつけて踊るのは女性が祭祀の主導権を握っていた時代の痕跡でした。
2018/03/12

日本人とは誰か

DNAの研究によると、500万年前に人類はオランウータンと分化し、そこからゴリラ、チンパンジーと次々と枝分かれして、20万年前(最近では30万年前)にアフリカに誕生しました。

そして、10万年前にアフリカ人と枝分かれしたモンゴロイドは、アジア大陸から渡って約4万年前に日本列島に現れました。
Y染色体の父系DNAを調べてみると 、バイカル湖畔から南下し華北に暮らして日本列島に移動してきたのが縄文系古モンゴロイドの〈Dタイプ〉で3割を占めています。

中国や韓国で多数を占める弥生系・新モンゴロイドの〈Oタイプ〉は5割を占めています。

他にDタイプが残っているのは、後から来た集団に追いやられて残ったと見られている中国南部の山岳地域のブヌ族(布努族)、インド・アンダマン諸島のジャラワ族とチベット族です。

C-M8タイプは5%ほどですが日本以外には見られない日本固有のタイプです。C-M217はアルタイが起源でユーラシア中部~北米に多いタイプで日本は4%ほどです。(「日本人になった祖先たち DNAから解明するその多元的構造」NHKブックス)

白血球のHLAの型を調べてみると日本人に最も多いB52-DR2が、韓国人や中国北部の漢族、ツングース族、モンゴル族などの北方の人々に多いことがわかっています。

次にB44-DR13は太平洋側や南九州、四国、沖縄で少なく、漢民族やモンゴル人でも殆ど見られず朝鮮半島の人々に多く見られるタイプです。

B46-DR8は韓国人と中国東北部の満族のみに多いタイプです。
B46-DR9は沖縄、南九州や太平洋沿岸地域で少なく、揚子江流域を起源とする中国南部、四川省やタイ、ベトナムの集団で最も多いタイプです。

B54-DR4は日本の南部から太平洋側にかけて多く東北は少なく沖縄が最も多いこのタイプは漢民族に少なく中国東北部、韓国に多いことが明らかになっています。
(「HLA 遺伝子群からみた日本人のなりたち」徳永勝士 東京大学出版会)

母系のミトコンドリアDNAを調べてみると本州の日本人・沖縄人でいちばん多いのが東アジアで最大のグループD(40%)と北方に由来するG(6.86%)です。

B(13%)はオーストロネシア語族(台湾、東南アジア、太平洋の島々)と関連し、M(5%)はオーストロアジア語族(東シナ海・フィリピン・インドネシア)と関連しています。沖縄が最も多く北に行くに従って少なくなります。

F(5%)は東南アジア最大のグループです。

A(6.85%)はバイカル湖周辺を起源とし北アジアと北アメリカ先住民に多いです。

北海道の縄文人とアイヌはオホーツク海周辺のY(N9)が多くB、F、がありません。

『日本文化の深層を探る』(沖浦和光、岩波新書)によると日本人のルーツは、次の通りです。

1、古モンゴロイド系の縄文人の末裔のアイヌ系と沖縄
2、稲作農耕と漁をして暮らす倭族
3、マレーなど黒潮に乗って北上したフィリピン人、インドネシア人の源流に連なる南方系海洋民
4、朝鮮からの渡来人
5、中国の江北地方から北九州に渡ってきた新モンゴロイド系・漢人系
6、北方系騎馬民族(新モンゴロイド系・ツングース族)

古史古伝によると日本列島には、それぞれ風俗習慣言語が異なる熊襲(くまそ) 隼人(はやと) 国楢(くず) 高志(こし) 八束脛(やつかはぎ) 土蜘蛛(つちぐも) 粛慎(しゅくしん) 蝦夷(えみし)の名前で呼ばれる人々が住んでいました。

日本は多民族の國だったのです。そしてそのリーダーのほとんどがヒミコのように女性でした。

日本列島に最初にやって来たのは古モンゴロイド系の縄文人でした。母系社会を築いていた縄文の人々は海を越えて渡来して来た新モンゴロイド系の人々を受け入れて行きました。その混血で日本人ができたのです。

母系のミトコンドリアDNAを遡るとたった1人の女性、人類共通の大祖母ミトコンドリアイブが現れます。

「はらから(同胞)」という日本語は、みな同じ先祖から出ている仲間だということをあらわしています。
先住民族は自然界のあらゆるものすべてに精霊が宿っていると信じていました。

シャーマンはシャーマン意識状態に入り、サトル(非物質的な微細な世界)の領域に入り精霊と交流していました。
人間以外の動物や植物は皆、兄弟姉妹でした。人間は偉大な精霊たちによって生かされていました。

全ての存在は生きている地球と言う網の結び目の一部に過ぎず、それから離れる事は出来ないのです。

男性原理は違いを強調し分離して争いますが女性原理は包み込み融合します。

先祖を何万年もさかのぼれば、日本人、中国人、朝鮮人、という違いは消えてしまいます。

日本列島に日本人という民族・人種は存在せず、その土地に日本語を話す脳の回路を持つ地球人がいるだけなのです。
2016/10/12

麻のドリームキャッチャー

14633358_1286167044779219_6887197209911238421_o.jpg

辰巳さんからご縁をいただいた神戸の佐々木真紀さんから麻糸でつくった麻の葉柄のドリームキャッチャーを送っていただきました。

アメリカインディアンのオジブワ族に伝わるお守りですがそれが麻でできているのです。

日本の神道は大麻と切り離すことができません。神道儀式は、大麻がないと成り立たちませんでした。昔から麻は穢れを祓う力があると信じられていたので伊勢神宮の御祓大麻( おはらいたいま )は何百万枚も配布されています。

神社でお祓いをする祓串(はらえぐし)に使われているのも大麻です。神社で鈴を鳴らしますがその「鈴緒(すずのお)」の縄も大麻です。社殿のない場所で祭儀を行うときの神籬(ひもろぎ)は榊(さかき)に折った紙を垂らす紙垂(かみしで)に麻をつけたものでした。

島根県松江市の八重垣神社は観光客で賑わっていますが昔の名前はアオハタサクサヒコ(青幡佐久佐彦命)を祀る佐久佐神社といっていました。アオハタサクサヒコ(青幡佐久佐彦命)は出雲風土記に麻を蒔いた神として出てきます。八重垣神社の場所は昔、大草の郷と呼ばれて麻が沢山茂っていたのです。麻は大切な植物でした。

日本全国いたるところで麻が植えられていました。大麻はあらゆるところで使われていたので日本人の生活の中に溶け込んでいました。

ところが戦後、突然GHQの指導で大麻取締法という法律が出来てから大麻は麻薬として取り締まりの対象になってしまいました。麻糸の技術をもっていたお年寄りも次々と他界して麻の伝統技術は壊滅状態になってしまいました。麻が手に入りにくくなったのでかわりにビニールが使われている神社も多いのです。

風前の灯火のような日本の麻文化の状況ですがバランスを取り戻すかのように麻に関心を持つ人々が増えてきています。私もカミさんが縫ってくれた手作りの麻のふんどしを締めています。麻のふんどしを締めるとパンツは気持ち悪くてはけなくなりました。
2016/07/28

麻糸 伝統技術の復興

「てんぽろ山荘」1

映画「ホピの予言」上映会でお会いした三浦康太郎さんと静子さんの古民家「てんぽろ山荘」を訪問しました。JR大船渡線真滝駅から2キロほど山間部に入った泥畑集落にある「てんぽろ山荘」には麻糸績みに惹かれた女性たちが集まっていました。

「てんぽろ山荘」4

大麻の縄目で縄文土器が作られていたように日本の大麻草は日本人の生活とは切り離せないものでした。麻糸でへその緒を切り、弓弦、凧糸、かつおの釣り糸や漁網に使われ、麻の茎の入った家に住み、麻の鼻緒で作った下駄を履き、麻布でできた着物や褌(ふんどし)を身に付け、麻の蚊帳の中で麻糸で作った畳の上で眠っていました。



「てんぽろ山荘」3

神社の鈴紐、お祓いも神主のかみしも、御幣もお札も麻でした。黒石寺で行われる蘇民祭の蘇民袋は麻でした。大麻は神霊が憑く力があり、神霊が宿った大麻には穢れを祓う力があると信じられていました。


「てんぽろ山荘」2



不幸なことに進駐軍によって大麻取締法が出来て大麻草は禁止されてしまったために日本の大麻産業は壊滅状態になってしまいました。麻糸の技術をもっていたお年寄りが次々と他界して、縄文時代から継続してきた技術が途絶えてしまったとところが多いのです。日本の伝統文化を阻害している大麻取締法は問題が多い法律です。「てんぽろ山荘」では大麻の繊維を繋いで糸にする伝統技術を復興させる「岩手やまんばプロジェクト」の講座が開かれていました。

「てんぽろ山荘」5

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。