FC2ブログ
2018/06/11

タントラの最終段階



チベット仏教では日常の思考する心を「セム」といい、それとは別な純粋意識を「リクパ」と言って区別しています。幸福と不幸、清浄と不浄、善と悪、愉快と不愉快という二元性に分離した思考は「セム」なのです。そして「リクパ」は永遠に空であって、常に清浄です。
鏡はすべてのものを映し出しますが、どんな像が鏡に映し出されても鏡自体が汚れることはありません。この汚れることがない心の本性が「リクパ」です。
リクパは秘密集会タントラに「土台として本来そなわっている光明としての心」として出て来ます。覚醒している光明の心が本当の自分なのです。その状態がダルマカーヤ(法身)です。
自分自身を観察して自己の真の本質がリクパであることを悟ることがチベット仏教の最終目的となっています。
チベット仏教は段階を追って進む道でもあります。戒律を守って静かな心の境地に入る最初の道、次に空性を理解するタントラの道があります。

f6634807.jpgチベット仏教サキャ派の総本山


9 世紀以降に発展した後期密教はタントラ仏教(Tantric Buddhism )と呼ばれています。タントラは次の四つの種類があります。
①所作タントラ②行タントラ③瑜伽タントラ④無上瑜伽タントラです。①~③は空海が日本に持ち帰った密教です。
④の無上瑜伽タントラはインドで最後に発展したので、チベットには伝わりましたが日本には伝わりませんでした。
無上瑜伽タントラには「ヘーヴアジラタントラ」を教典とする母タントラと『秘密集会タントラ」を教典とする父タントラがあってその二つを統合したタントラを不二タントラといいます。不二タントラは「時輪タントラ」を教典としています。
タントラではエネルギーを扱います。
エネルギーを知らなければ私たちは心に怒りが湧いてきたときに怒りを止めたり避けようとします。しかしタントラはそのエネルギーをよく知っているのでそれを止めたり抑圧したりせずに活用するのです。 それを可能にするのがタントラの修行です。
このタントラ修行の最後の段階「あるがままで完全な境地」をカギュ派はマハムドラー、ゲルク派はゾクリム、ニンマ派はゾクチェンと呼んでいます。

PICT0052.jpg


「マハムドラーは何ものにも依らず
また労せず
ただゆったりと自然であることによりて」
「ゆったりと自然なる境地にとどまるならば
間もなく汝はマハムドラーにたどり着き
無達成なるものを達成せん」
「与えず、また取らず
人はただ自然のままにあるべし」
(「マハムドラーの詩」より抜粋)

f3421487.jpgニンマ派の総本山 ミンドルリン寺


チベットでは教えを伝授する教師(ラマ)が大切にされています。
しかし、あるがままで完全なリクパの境地を説明し、それを理解させようとする教師はいますがそれを弟子に直接与えることができる教師はどこにもいません。今までもいませんでしたが、これからも出てくることはないでしょう。
教師は自己の本性を理解するための方法しか与えることができないのです。地図を与えることはできますが直接歩くのは弟子です。
光明を授かるには教師ではなく教えを授かる弟子の方に関わっています。
光明はもともと人の本質に備わっているので、あらゆるものは、あるがままで最初から完璧なので変えたり取り除いたりするものは何一つないことをチベットで「クンツゥ・サン」と呼んでいます。
寂静な心の境地の中にとどまる瞑想をシネーといいます。しかし思考のない三昧の状態は眠っている状態と同じです。瞑想をやめると静寂は失われます。
そこで思考や感情などのエネルギーが動いている状態とリクパの境地が一体となることをゾクチェンは求めます。
覚醒していても覚醒していなくともリクパは誰の心にも最初からあります。
しかし、わかっていない人には、自己の本性であるリクパと自覚されずに思考で理解したリクパの二つになっています。どちらのリクパも一つですが、最終的にリクパは心の中で再統合されなければなりません。それをマハムドラーでは「母と子の光明の再統合」の言葉で表現しています。
「はじめヨーギは
おのが心の滝のごとく転落するを感じ
中ほどにてはガンガーのごと
そはゆるやかにやさしく流れ
ついに、そは大いなる海となり
息子と母の光がひとつに溶け合うところ」
(マハムドラーの詩)

f3250815.jpg



タントラの最終段階ではさまざなエネルギーが湧き上がる中にとどまりながらリラックスして、あるがままの境地を保ち続けるのです。
ゾクチェンでは 一切はすでに成就しているので努力の病を捨て去り、そのままで完全な境の中にとどまりなさいと教えます。
ゾクチェンの無努力の教えを言葉だけで理解すると「すでに自分は悟ってしまったので、心の浄化や瞑想は必要がない」と思い込んでしまう人が出てきます。
人に迷惑をかけて犯罪行為に手を染めても、わたしは完全だ。何も問題はないと自分を欺いてしまうのです。
ここでは詳しく述べませんが、その危険性は昔から指摘されていました。
しかし、同時に自己の本性を知ってしまえば瞑想の方法を借りる必要がないことも確かなのです。
タントラの最終段階に入る前に無意識の浄化と思考を観察する瞑想が必要だと私は思います。
「私はあるがままで完璧だ」
「私は完全な存在なので瞑想もワークも必要がなく、何一つ変える必要はない。」
とそう自分に言い聞かせて、思い込むことはできます。
マインドは本を読んだり話を聞いただけでわかったつもりになります。わたしのマインドも誰のマインドにも同じことが起きます。今ここにいられないマインドは本性を捉えることはできません。
分離した自我をかかえたままの状態の人々がほとんどなので、(光明を得た完璧な人間像は頭で理想化して作り上げられた概念です。)無意識の底に潜むトラウマが浮上して必ず悩まされます。
自分は完全だと強く思いこむ人ほど抑圧は強まるので、ごまかしても、痛み止めが切れると再び痛くなるように、あとで、ひどく落ち込むことになります。
自分の無意識を浄化しないで教師になって教祖になる例は多く、教祖になってしまうと誰かの生徒になって自分を浄化する機会を失ってしまうようです。スピリチュアルな教師にシャドウーが濃い人がいるのも事実です。
いくら「宇宙は愛と光で満ちている」「私は完璧だ」と自分を正当化しても抑圧したエネルギーは無意識にそのまま残されます。
自分自身の問題との直面をさけ現実と向き合うことの逃避に使われてしまうと、あるがままの自分を見ないで自我を強化し防衛してしまうのです。
2018/06/10

多次元宇宙



今の物理学や宇宙論の考え方によると、私たちの住む宇宙は、突然何もないところから生まれたといっています。
無とはまったくの空っぽなのではなく、粒子が生成消滅を繰り返し「非存在」と「存在」の間をゆらいでいる状態です。
ビックバンが始まる前は時間も空間も物質もエネルギーも何もなかったのです。

そこへ突然ゆらぎが起きてインフレーションと呼ばれる急激な膨張によって、私たちが住むことのできるような宇宙になったというのが現代科学の宇宙論です。

リサ・ランドール博士の宇宙理論によると私たちの宇宙は5次元時空に折りたたまれた膜に住んでいるといいます。3次元宇宙からは素粒子が消えたり何もないところから当然現れるように見えても5次元世界では最初から存在しているというわけです。
多次元理論はプラトンの洞窟の例えを思い起こさせます。人間は子供のときからずっと手足も首も縛られままで、頭をうしろへ向ける事もなく、たいまつの明かりで動いている人形の影が映し出されている洞窟の壁ばかりを見て暮らしています。頭が固定された囚人状態で、後ろを振り向く事が出ないので影を本物だと信じて偽りの人生を過ごします。

映画マトリックスではほとんどの人間が仮想空間で生きていることを知らないまま死んでゆくと言う世界が描かれていました。
この物質世界は神によって作り出された幻影(マーヤ)であり絶えず移ろい変化し人の心を惑わすものとインド哲学は教えます。ヨガの目的はこの仮想現実に同一化し巻き込まれている状態から本来の自己が目を覚ます事にあります。

神秘哲学の究極の目標は下降した物質界で囚人状態となっている魂を解放して、永遠の世界であるイデアという真実に目覚めることにありました。

私たちのマインドは3次元に投影された5次元の影を現実だと錯覚をして苦しみ異なる次元の間を輪廻しています。
仏教では輪廻転生から解脱することを悟りといっています。

それは永遠の命と一つになっている事です。自己の本質は永遠なので輪廻しないのです。映し出された実体のない影を真実の世界と思い込んでいるのが私たちのマインドです。

英語で宇宙のことを、万物、全体を意味するユニヴァース、あるいは秩序や調和を意味するコスモスと言います。
人間の本質は物質と心を超えているので、5次元を含めた多次元宇宙全体が自己なのです。

「人が無知に陥っているとき、
彼は現象を見て、神を見ない。
彼が神を見る時、
この宇宙は彼にとって完全に消え去る。」ヴィヴェーカナンダ
2018/01/24

空っぽの桶



鎌倉駅から歩いて15分、源氏山公園の近くに海蔵寺という臨済宗建長寺派の寺がある。観光客の姿もなく真冬の大寒に静かに梅の花が咲いていた。

26907987_1807806869281898_2421828111081816365_n.jpg

海蔵寺の右入り口に「底脱の井」(そこぬけのい)と記された小さな泉がある。

そこに千代能の句
「千代能がいただく桶の底ぬけて 水もたまらねは月も宿らず 如大禅尼」と刻まれた石碑が建っている。

19554972_1807806905948561_3268494585302657336_n.jpg


千代能は光明を得た尼として有名である。

伝承によると千代能は鎌倉幕府の御恩奉行を務めた安達泰盛の娘としてこの世に生を受けた。

そして千代能は北条顕時に嫁ぐが、鎌倉幕府内の権力闘争、弘安8年11月17日(1285年12月14 日)の霜月騒動により父と親族の安達一族は滅ぼされてしまい、夫も上総国に流されて失脚してしまった。

その後夫は復権するが胃病を患って1301年に死去した。千代能の息子北条貞顕は鎌倉幕府の15代執権に就任し、娘は足利貞氏の正室となり、嫡子足利高義(足利尊氏・直義の異母兄)を産んでいる。足利高義の子孫には武田信玄がいる。

千代能は夫の死後、出家して僧院の門を叩くが「美しい婦人は若い修行僧の妨げになる」と入門を断われてしまった。

しかし、真理探究の決意の固い千代能は焼きごてで自分の頬を焼いて醜くして、ようやく仏光禅師無学祖元に弟子入りを許されたという。

 千代能は何年にもわたり修行したが、なかなか光明を得ることができなかった。

月が美しく輝くある夜のこと、千代能は古い手桶を持って井戸から水を汲み、手桶の水面に映る満月を眺めていた。

突然、桶をたばねていた竹のたががはずれ、桶の底がすっぽりと抜けて桶はばらばらになってしまった。その時千代能は光明を得たという。

仏教で煩悩は苦しみ原因とされ、一切の煩悩を放下することが悟りの道とされている。

しかし、瞑想中、思考を無くそうとしても、さまざまな思考が次々と湧いて新参の修行者は苦しむ。

思考の囚われから逃れようとして、なんとか除こうと努力するが、それを退けることが出来ない。

思考を取り除こうとすること自体が思考作用なので思考が強くなるばかりで思考がなくならない。

いくら修行しても煩悩がなくならないと、自分の業のあまりにも深く重いことを恨んで挫折してしまう修行者もいる。

しかし、ある程度、修行が進むと瞑想中に喜びを感じるようになる。禅では三禅の境地と呼ばれている。

マインドが静まり意識と無意識の境界の間にエネルギーの回路が開かれると内的な広がりを感じたり、崇高で神聖な感覚に圧倒され意識が高揚する。

何十年も苦しんだ修行者は喜びのあまり大悟したと思い込むのである。

その時に師はすかさず弟子に喝を入れるが、師を持たない修行者は俺は誰よりも優れていると、すっかり自己満足して自我が肥大してしまう。

そうして、エゴを強化したまま悟ったと思い込んだ修行者がグルや教師となり人を支配したり、組織の拡大や物やお金に執着したりSEXスキャンダルに見舞われるのである。

伝統的な修行システムの所はカルト化しにくいが歴史の浅い新興カルトは歯止めが効かないので肥大した自我が暴走して社会問題を起こすのである。

しかし、いくら意識が高揚しても自我が消えてしまっているわけではないので月の満ち欠けのように、しばらくすると流れは下降し、自我が再び姿を現われる。

潮の満ち引きのように隠れていた砂浜のゴミや汚れがあらわれてくる。

いったん意識の高揚を知ってしまうと以前よりも低い位置に陥ったように錯覚してしまう。

美しさと神聖に満ちあふれたヴィジョンや啓示をうけてしまうと、それに強く引きつけられてしまい、もとの日常意識が価値が無いように思えたり、あるいは地獄に堕ちたかのように苦悩するのである。

内的な覚醒のあとに訪れる退行である。

16世紀スペインの神秘家十字架の聖ヨハネは魂の暗夜と名付けた。

その喜び、歓喜、法悦に囚われると、マインドはそれを再び追い求めてしまう。

喧噪を避け静寂を好み静に執着してしまうと、動と静の二元性に分離してしまい、いまここから離れてしまう。

悟りを求めることも煩悩を無くそうとすることも実は思考の産物なのだが、それに気がつかず、巻き込まれてしまうと低次のエネルギーが表層に現れ、再び疑いと不信が頭をもたげるのである。

伝統的なシステムでは、桶の底が抜けない行き詰った修行者は、すぐれた師を探して、桶の釘を抜いたり、たがをゆるめてもらう。

あとは何かのきっかけに、自然と桶の底は抜けてしまう。

もともと桶自体は存在していない。修行者の強固なマインドが作り出していただけである。

26814969_1807807035948548_1108510946558036548_n.jpg


「千代能がいただく桶の底抜けて
水もたまらず月も宿らず」

禅では月や桶は例えとして用いられる。桶の底が抜け水が流れると妄想も私も全てあらゆるものが消え去る。千代能は水に写っている月が自分ではなく本当の自分は空っぽの桶だと言うことに気がついたのである。

盤珪禅師はその境地を次のように詠んでいる。

「古桶の底ぬけ果てて、三界に一円相の輪があらばこそ」

自己の本質とは何もない空っぽの桶のことだ。桶の中に写っている月は本当の自分ではない。頭の中の思考は本当の自分ではない。思考が現れては消える虚空である空っぽの桶それが本当の自己なのだ。

人生の悲劇、喜劇は何も写っていない空っぽのスクリーンで展開している。

そのことに体全体で気がついたとき人は苦悩から真に解放される。

続きを読む

2017/05/05

思考はエネルギーであり波動であり

思考はエネルギーであり波動であり人間のまわりにエネルギーの場を形成しています。
相手が敵意や怒りを持っていると気分が悪くなるのは、相手が待っているエネルギーの場に同調してしまい自己の中心を保てなくなるからです。


18195025_1510643998998188_8474610914272231584_n.jpg

不安と恐怖に怯えている内なる子供を抱えたまま競争社会の中で強い者が生きのこり、弱い者は苦しんで死ぬという考えが究極の真理と思い込んでいます。
愛という言葉を聞いても恐怖と不安に同調しているので愛と自分を一致させることができません。愛の実感がわきません。自分の内側で感じとれないものは偽善的に思ってしまいます。
世界と私の分離という幻想が新たな不安と恐怖を生み出しています。自分そのものが幻想であり、自分だけの幸福を求めても、自分だけの幸福などありえず、求めれば求めるほど却って分離が強くなり、苦しむことになります。
この間違った思い込みの幻想は周りの人間や社会によって増幅され強化されています。
すべては縁にしたがって物事が起きています。どんな感情も必要があって起きています。
分離感が強くなることで、葛藤が起きて再び全体に戻ろうという衝動が起きます。

18156071_1505838962812025_7882321101165976231_o.jpg


人間はもともと目覚めた意識を持っているので、頭の中のおしゃべりを止め、いまここにくつろぐことが出来ます。
沈黙しているとハートとハラの間でうごめいている沢山の緊張を発見します。
その緊張を言語化しないで、あるがままにしておくと、思考の制限から解き放たれたエネルギーはハートへ流れて深い喜びのエネルギーへと変容します。

18077415_1505838236145431_794610596707900830_o.jpg


春になると一斉に花が咲いて自然の美しさの中で驚異と歓喜の瞬間が訪れるように、
沈黙して自分自身の内なる力を解き放った時、内側で連鎖的な爆発が起きてエネルギーの交響が起きます。
一瞬のうちに洞察が訪れ、自他を分ける境界線は太陽の下の雪のように溶けてしまいます。
世界と私の分離は幻想でした。

思い込みの葛藤を抱えている最中に全体を俯瞰する気づきが起きると、
いままで心の表層を流れる波に呑み込まれていたことに気がつきます。

思考を通さずに世界をあるがままに見た時
分離した私はどこにもなく
見るものも見られるものもなく
あるがままの全体だけがそこにあります。

続きを読む

2016/09/13

あらゆる現象が空であることを知る

私たちは子宮の中で母と一体となっている至福の状態から分離して、産道を通り、苦痛と苦しみを通り抜けてこの世界に誕生します。

母親の姿が見えなくなると、幼い子供は、自分が置き去りにされたと思ってしまいます。そして子供は「見捨てられるのではないか」という不安・恐怖をいだきます。

泣くなという条件づけを受けたために泣く事よりも怒りと暴力の方が簡単にでる男性がいます。怒りの奥には愛を受けとれなかった悲しみと不安があります。心の底では子供頃の自分が今も叫んでいます。「お母さん 行かないで私をひとりにしないで」

不安から逃れるために合理的思考を発達させ左脳優位になってしまったのが現代社会です。

石をなげると水面がゆれるように、思考を使って自己の本性をみようとすると、思考自体が曇りとなって見えなくなります。
思考で自己の本質を知ることはできません。本当の自分を知るには思考に同一化することをやめなければならないのです。
あなたと私という分離感が不安と苦しみをもたらしています。思考が世界を分けてしまうのです。

母親が不安を持つと強い影響を受ける子供も不安をもってしまいます。

人生では怒り、悲しみ、絶望、不安、笑い、歓喜とあらゆる感情に巻き込まれ自分を見失う経験をします。思考や感情は気づきという心の広がりの中で浮かんでは消える泡にすぎません。

次から次へと現れては去ってゆく思考や感情を観照して、それ自体が空である事を見て取ることができると、今まで思い込んでいた自分は思考が作り上げた夢だった事に気がつきます。

あらゆる現象が虚であり空であることを知り、全体をあるがままにすべて受け入れたとき行為している自分はいないということに気がつきます。

ただ自然に風が吹き雲が湧いて雨が降るように心の中の感情や思考もまた自然に起きています。喜怒哀楽の感情も雨や嵐が来るようにただ自然に起きているだけなのです。

暴風雨で荒れ狂う台風でも中心は穏やかでいつも青空がでています。心が波打つ不安定な状態になっても自己の中心はいつも静寂です。

意識のどの段階にも本当の自分はいるのでどんな状況でも本当の自分を見失うことはありません。 中心はいつでもいまここにあります。

いつも静かにあるがままに見守っている本当の自分に母親が目覚めた時、その母親から生まれた子供たちによって地球は愛の惑星になっていくでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。