2017/07/09

奇跡のリンゴ 木村秋則講演会

10582940_807796482616280_7493104181290974721_o.jpg

奇跡のリンゴ 木村秋則講演会

先日岩手県紫波町オガールでオーガニックフェスタが開催された。映画「奇跡のリンゴ」のモデルになった木村秋則さんの講演会があったので出かけて来た。

リンゴから教わったのは
「自然は百科事典だよ。すべての答えが自然にあるんだよ」そう話す木村さん

「土の上ばかりを見て来た。大事なことは眼に見えない所にあるんだな」
リンゴは教えてくれた。「馬鹿になれ」

そして季節を忘れたリンゴの木の写真を見せた。後ろの自然の山の木は紅葉しているのにリンゴの木の葉は紅葉していない。これが現代人が食べている今のリンゴの実体だ。異常なことを当たり前と思っている。

アブの幼虫がアブラムシを食べている。アブの幼虫はものすごい量のアブラムシを食べる。葉についたアブラムシを全部食べてしまう。てんとう虫は4〜5匹しか食べない。てんとう虫がいてもアブラムシは逃げない。アブの幼虫がいるとアブラムシが逃げてしまう。

木村さんはてんとう虫にご飯粒をつけて飛ばない様にして一匹一匹に番号をつけて調べた。近所の人から木村さんは馬鹿だと思われた。

減反した田んぼに蒔いた大豆の写真が映し出された。
右は生育が良く、左の大豆は生育が悪い。
JAの指導員は生育が悪い大豆を見て
「肥料が足りない。肥料を施しなさい」と指導をした。

木村さんは「肥料を施すのは間違っている」と言った。「生育が悪いのは水はけが悪いからで30センチくらいの溝を掘って水はけを良くしてみてください」そう指導すると肥料を施さなくとも立派な大豆が出来た。

「肥料をやらなくてはだめだ。」
「肥料を施さないで、除草剤、農薬を使わずに作物が出来るか!!」
「夢物語を語るな!!」
全国何処にいってもそういわれる木村さん

ところが作物が肥料をどれだけ使っているか生産者は知らない。
実際は肥料の1割程度しか使われていない。作物は肥料をやらなくとも出来る。自然を観察してそう考えた木村さんは実際に無肥料で作物を栽培して証明した。

農薬、除草剤をやらなければ雑草だけが生える。ところがそこの畑の先住民は誰か?その土地の雑草が先住民ではないか。作物のほうがよそ者である。そして雑草もあまり肥料を食わない。土の中のバクテリアが2〜3割使うのである。

その肥料がどのような結果をもたらしているのか消費者は知らない。東京のスーパーの店頭に並べられる野菜から軒並み9千ppm から1万ppm を超す「硝酸塩」が検出されている。

1950年代から1965年ごろにかけて、欧米ではホウレンソウが原因で乳幼児の中毒事件が相次いだ。裏ごししたホウレンソウを離乳食として与えたところ、赤ん坊は真っ青になり30分もしないうちに死亡に至ったのである。278人の赤ん坊がこの中毒にかかり、そのうち39名が死亡した。

欧米では「硝酸塩」を3000ppm以下に厳しく制限されている。

ところが東京の大田卸売市場の抜き取り検査ではチンゲンサイから16000ppmの「硝酸塩」が検出されている。その量は2〜3歳の子供なら小松菜2枚食べると死ぬといわれている。

消費者は「無農薬野菜」や「有機栽培野菜」を安全と思っているけれど中途半端な有機肥料を施した野菜は危険なのである。完熟しない有機肥料を畑に施すと劇薬となる。「硝酸塩」は、「残留農薬」の何倍も危険な劇薬なのである。

コップに水を入れた自然栽培の米と農薬、科学肥料の米と有機栽培の米の比較の写真

冬に20日間たった米は腐って、ものすごい匂いを発しているが無肥料、無除草剤、無農薬の自然栽培の米だけが腐っていない。日本人が毎日食べ続ける米がこのような状態にある。便秘の人は要注意である。

農薬、除草剤、化学肥料を使った近代農業を押し進めた戦後の日本はその結果どうなったか。とんでもないことが起きている。どうしてニュースにならないのか不思議だ。消費者はその事実を知らない。

宮古島ではサトウキビの栽培が盛んで農薬、除草剤、化学肥料を使った結果、サトウキビの生産量が増えた。

しかし、しかし何十年もたった現在、畑に窒素肥料をたくさん与えた為に硝酸態窒素が水に混入し宮古島では水が飲めなくなってしまった。宮古島は山や川のない小さな島なので生活用水や産業用水のすべてを地下水に頼っていたのである。

宮古島の高校では木村さんの自然栽培を始めている。全国で自然栽培を始めた農家が増えて来ている。収入も増えて来ている。自然栽培を始めた高校では七千万円の売り上げがあった。

自然栽培の田畑にはトキが飛んで来た。農薬、除草剤を使わなければ無数の生物とバクテリアが住む様になってくる。日本全国、いや世界中がそうなってほしいと、そう願う木村さんだった。

以上は木村さんの講演の内容

あとは私の感想
実行委員会の日野さんの話によると木村さんは予定を変更してまでオーガニックフェスタに駆けつけてくれたということである。

たしかに化学肥料と殺虫剤の大量使用は収穫量を何倍も増やした。しかし環境は汚染されミツバチは姿を消しつつある。

害虫というのは人間中心の考えで、人間が手を加えた畑や山林で害虫は大発生するが、自然界の山林では害虫が大発生しない。山には虫を食べる天敵がいるからだ。農薬を散布した結果、農薬に弱い天敵が死滅して農薬に強い害虫だけが大発生してしまう。本末転倒な話である。

そして作物は、命のない物質としてあつかわれるようになった。アメリカでは機械化できなかった何百万という小規模の農場は閉鎖されて農業は工業化された巨大な産業に変身した。農業はビジネスとしてマネーゲームの対象になった。

医療の現場と農業はよく似ている。薬の使用は耐性菌を増やし、免疫力の低下を招き、医療費の高騰を招いている。

作物は病気に弱く、化学肥料と農薬に依存している為に農薬を駆け続けなくてはならずコストが増大した。近代農業は完全な石油エネルギー依存体質になっている。

皮肉なことに農薬は天敵の数を減らし、農薬の耐性をもった害虫を増やしている。長年、同じ作物を植え、合成肥料を施したために、土壌の生態バランスはすでに崩れてしまっている。いきなり自然農法してもうまくいかない。木村さんは10年間収穫なしだった。

薬に依存する病人と同様に農業も薬をつかい続けなくては行けない体質になっている。そして、農家は農薬をあび消費者は生命力が低下した作物を食べるのである。その結果は環境破壊と身体の病気となってあらわれている。

硬直化した近代農業にかわる自然栽培がこれから、世界中で行なわれてくるだろう。循環しない近代農業は地球環境を破壊する持続不可能の農法だからだ。

合成肥料なしで作物を育て、新しい生態学的な方法で害虫をコントロールし始めている。作物は化学肥料よりも美味しく、生産者と消費者の健康にもよく、何よりも地球に住む生き物に良いのである。

(撮影地 岩手県紫波町 2014年9月6日)
2017/07/04

母系から父系へ

日本は狩猟採集の縄文から農耕社会の弥生へ、そして中央集権国家へと移行して行く過程において、母系から父系へと変わっていきました。

古墳時代前期末(4世紀後半頃)築造の大阪の和泉黄金塚古墳は中央の人物とその身内と思われる二人が葬られています19577179_1587812917947962_2983657986732527988_o.jpg

中央の人物は首長階級の女性の棺で外側の粘土床から、景初三年銘の平縁画文帯神獣鏡が出土しています。景初三年は邪馬台国の卑弥呼が魏に使いを送った西暦239年にあたります。画文帯神獣鏡は三世紀初めにほとんど生産が終わっているとみられているので鏡は大切に使われて受け継がれていたのでしょう。

三角縁神獣鏡は中国からは全く出土せず日本からは世に存在しない景初四年の年号を含む500枚を超える枚数が発掘されているので多くは日本で模倣された国内製の鏡と見られています。呉は280年に滅亡しているので亡命した呉の職人が製作したという説もあります。

19620380_1587813214614599_3875002710999556755_o.jpg

霊力が宿る鏡は人間と神との間を繋げる神具であり神の世界に入る入り口でした。カガミ(鏡)から「ガ(我)」をとるとカミ(神)になります。

神社のご神体に鏡が多いのは明治二十八年に政府が法令で

「白銅円鏡で、天神地祇と天皇は径一尺(約30cm)、その他の神は七寸(約21cm)、背面に神名を刻み、つまみに紅紐をつけ、金襴の袋に納めて柳箱に入れる。それを白平絹の入帷(いれかたびら)に包んで、さらに檜白木造の辛櫃に納める。」と定めたことによります。

19693642_1587812871281300_3825139530041235597_o.jpg

自然信仰の時代は山や川、巨木や岩あらゆるものが神でした。

縄文は母系社会でした。古代の部族のリーダーは女性だったのです。弥生になって古墳時代の前半までそれが続いていました。

古墳の埋葬者の研究によると5世紀までの古墳に埋葬されていたのは夫婦と子供ではなく姉弟、兄妹のキョウダイでした。

『古事記』、『日本書紀』、『風土記』には女性が呪術(祭祀)を行う首長で男性が軍事と政治をおこなうヒメヒコ制があったことが書かれています。

19667747_1587812721281315_5188962942123796730_o.jpg

邪馬台国では女性の卑弥呼が王で長官にヒコ(卑狗)がいました。卑弥呼のヒミはヒメミコで「ヒメ」のことではないかと思います。
推古天皇がヒメで甥の聖徳太子(ヒコ)が政治をこなったのもヒメヒコ制でしょう。女性が首長だったので古代に女性天皇が多いのはそのためです。

19621029_1587812661281321_6258497119118331756_o.jpg

5世紀後半からはキョウダイと父が埋葬されるようになり6世紀前半からキョウダイと両親が埋葬されるようになりました。

つまり母系から双系へ、そして父系に変わっていったことをしめしているのでしょう。古墳の副葬品も呪術的なものから武器や馬具に変わっていったのです。


古墳時代の中国は戦乱が続く三国時代で人口が七分の一にまで減少しています。母系から父系の移行はこのことが影響しているのかもしれません。

続きを読む

2017/06/26

温冷浴でナチュラルハイ

温冷浴は温度差がある二つの浴槽に入浴を交互に繰り返すことで、血管が丈夫になり血行も良くなり、自律神経のバランスが取れます。

普通の湯上がりよりも温冷浴の方が 数倍の爽快感が得られます。

大阪は岩手のような野性に満ちた温泉はありませんが温冷浴にオススメなのが心斎橋の清水湯と平野の末広温泉です。どちらも45℃の熱い浴槽と井戸水を使った広い水風呂があります。そのお陰で大阪は快適にすごせました。

心斎橋の清水湯  

地下鉄心斎橋7番出口からエレベーターで上がるとすぐです。夜は見事な刺青アートの肌をした方を見かけました。

http://www.spa-shimizuyu.com

19452996_1578258098903444_4493324488145931303_o.jpg

19466603_1578258128903441_6152405602105483727_o.jpg




大阪平野区の末広温泉 温泉ではありませんが温冷浴に特化しためずらしい銭湯

https://www.suehiro-onsen.net/

16797690_1427894120606510_6226294569398204812_o.jpg



温冷浴について


「水風呂に入ると血圧は一時的に上昇するから、高血圧症や動脈硬化症、或いは心臓の悪い人は危険である」というのが現代医学の常識です。ところが温冷浴を毎日実行している人は真冬に水風呂に入っても血圧が上りません。最高血圧も、最低血圧も上りません。温冷浴未経験者の血圧は上りますが、温冷浴経験者では上らないことが大阪府立大学、山口雄三教授の温冷浴の血圧変動実験の結果で確かめられています。

心臓から血液が大動脈に流れて毛細血管に入って毛細血管の少し手前で、動脈から静脈に直接連結している血管があります。この血管を動静脈吻合血管(グローミュー)といいます。血液は毛細血管のバイパスを通って静脈に流れて帰ってきます。この毛細血管のところのバイパスを1707年にフランスの解剖学者レアリー・レアリスが発見してグローミューという名前をつけました。

このグローミューは、全身400兆個の細胞に栄養を送る毛細血管51億本のすべてに安全弁として存在しています。体に異常が起きて毛細血管に血液が流れにくくなった時にはグローミューがバイパスの役目を果たして血液が流れます。グローミューは危険を未然に防いでくれるのです。

温冷浴はグローミューの活動と再生を促して鬱血を防ぎ全身の血液循環を促進させるだけでなくアドレナリンとコルチゾールという抗ホルモンも分泌されるので気分も爽快になります。全身の血行が良くなることで健康を増進させるのです。

甲田光雄先生の講話より

『水風呂に入ったり滝に打たれたり、プールに入ったりして寒い時、体温を外に奪われないように表面の血管が縮みんで皮膚は真白になります。その時、血液はこのグローミューを流れて心臓へ帰っていく訳です。

温冷浴実行者ではグローミューが健全となるため、水浴して、皮膚浅在の毛細血管が急速に収縮しても、グローミューがパッと開いて、血液がスムーズに、そのグローミューを通って、小静脈に流れてゆくことができるからであると考えられます。

それに反し、温冷浴を経験しておらない人では、グローミューの機能が不完全であるため、水浴した際、毛細血管が収縮しても、グローミューがそれに呼応して開かず、そのため、動脈血がスムーズに小静脈に流入することができません。その結果、血圧の上昇という形で水浴の影響が現われてくるのだと考えられます。

皆さんがぜんざいやあんこ餅食べたりケーキを食べたり毎日そんなことやっているとこのグローミューが溶けていってるぞということです。お砂糖の入ったコーヒー、二〜三杯飲んだら鼻水がポトポトと落ちた。「ああ私は鼻のグローミューがもう無いんだなあ。」そういうふうに考えとったらいいんです。』

温冷浴の入り方

『お風呂に入る時に一分間水を浴びます。頭からかぶったらあきませんよ。足元からかけていくんです。そして一分たったらお湯の中に入りまして、一分間温まって出て又水をかける。一分たったら、又湯に入るということを交互に繰り返す。これが温冷浴です。時間はどちらも一分ずつです。水一分、湯一分で一番最初も一番最後も水一分です。湯から入って湯であがるのでなしに、水から入って水であがるのです。

水の温度は大体15度C位が一番よろしい。朝は16度C位、昼ごろになったら大分上がっています。これが井戸水でしたら、冬でも16度C位、夏でも20度C位ですから非常に快適です。水道の水でしたら夏になれば26度C位になります。そういう生温い水よりは井戸水の方がいい訳です。

水の中に入っているとグローミユーが開き、湯の中に入ったらそれが塞ぐのです。これを繰返すことによって、グローミューを訓練していく訳です。これで疲労もとれますし、血液循環も良くなります。是非この入浴法を今晩からでも実行していただきたいと思います。』

ただし、温冷浴の初心者がいきなり冷たい水風呂に入るとグローミューが働かないので当然血圧があがり高血圧の方、高齢者の方、現在病気で薬を服用している方は心臓に負担がかかります。夏の間に温度差が低いぬるま湯からはじめて徐々に冷たくしてグローミューを訓練していきます。
2017/05/05

秘密の花園に花が

世界が枯れはじめて
荒涼とした風景が広がっています。
秘密の花園に花が咲いていないのは
ハートを閉じて
私たちが湧き上がる喜びを止めてしまったからです。

18121487_1504079609654627_4760052468304584603_o.jpg


子供は親や社会から植え付けられた条件付けを受け入れて人格を形成していきます。
安全を脅かされて育った子供は自我を強固に築いて
意識にのぼってくる感情の通路を封鎖して不安や恐れを感じないようにします。
固く防護された偽りの自己は、自分を巧みにごまかし、
あるがままの自分から離れて心から湧いてくる感情を素直に表現することはしません。
自分を規制して、世界はこうゆうものだと決めつけます。
自動人形の様に振る舞う偽りの人格にエネルギーを浪費して
体から溢れ出す喜びを止めているのです。
堰きとめるのをやめると生命エネルギーは流れはじめます。
バーネットが書いたように秘密の花園に美しい花が咲くと人は元気をとりもどします。


18077289_1504079606321294_9190302793121672972_o.jpg

先日、鎌倉で行われたワークショップの感想が届きましたので紹介します。
30代
本来の自分を生きる、というようなテーマにここ数年取り組んでいたので参加しました。自他が融合する、というか境界がなくなる、というような感覚を感じました。一瞬だったのですが、世界の見え方が変った、内側からあふれ出てくるあたたかいものがあって、それに包まれていく、それから世界がつくられていく、みたいな感じがあった。
チャクラごとに感情がちがっていて、「分かってくれない」悲しみ、怒り、自己防衛・・・みたいな、幼少期だったのでしょうか、そのあたりに由来する感情みたいなものが出てきました。マインド、は過去、妄想、というのは初めての見方で、今後も取り組みたい、です。

18155940_1504080079654580_2804906647945746095_o.jpg



30代
自分の内面とシンプルにむきあいたくて参加しました。自分の身体の背骨や首を一つ一つ意識しワークをすすめるうちにマインドがおしゃべりをやめて、何もかもが浮かんでは消える瞬間を体験する事ができました。自己セルフワークも今回教えて頂きすごく勉強になりました。また開催を楽しみにしています。

17966062_1504079966321258_9220677451362778631_o.jpg


50代
今まで清水先生の個人セッションを受けていたのでワークショップ形式のものを受けてみたかったから参加しました。体をゆるめる技法をたくさん教えてもらえたのがよかった。一人でもできるものもあって、家で使えるのがありがたいです。
ペアワークで、冷え症の私の足があったかく、ポカポカしてきたこと、手のひらで感じる「ドクドク」とした血液の流れが自分のものなのか 相手の方の足のものなのかわからなくて、溶けていきそうになってとても心地よかったです。ワーク中雑念が一杯でしたが、構わずにいると、意識の奥(?)にある「目」のような存在に何度も気づいて面白かったです。


18121011_1504081122987809_2187938915363456859_o.jpg


40代
あるがままにとはいえど、受け入れたくない、マインドがあり、それは潜在下にあり、気分の不快感としか感じない。その抑圧した情動を表層化して、思い出したかった。そして手放したいので参加しました。
やはり、抑圧した情動は、幼日の母への感情でした。感じたくない感情を感じました。これは普段は感じてないものだとわかりました。
「虚空の中をあらゆる思考、感情、感覚が過ぎさっていきます。」のナビの最中に、情動が浮上して経過していきました。それはおどろくべき事でしたが、それ以上概念化することをしないと、それは過ぎ去っていきました。


17990331_1504079692987952_7950863544459981772_o.jpg

50代
全ては思考!!と気づいてから無気力や絶望感が続き、それを越える為に参加しました。思考型のワークショップばかり参加していたので、このように肉体を使い体験から感じられるワークを定期的に参加したいと思いました。長い間、ずいぶんと自分の表現を押し殺していたと気づき、思考では今まで色々なレッスンを受け表現しているつもりでいたので、驚きました。自分を少し開放できたと思います。


18077142_1504079992987922_2776780580010519192_o.jpg



40代
より愛のエネルギーを深めて行きたいと思い参加しました。スッキリして、新しく生れ変った感じです。新たに希望、もっと何事に対しても意欲的に前向きにやって行きたい、という気持ちが一番大きな事に思うように光にかこまれた様に感じます。喜び、感謝と、人生、の宝物を受けとらせていただきました。

18121285_1504079806321274_491196879804377081_o.jpg

40代
エネルギーの調整の仕方。チャージの仕方を教わり、日常使える様にしたかった為に参加しました。。体をリラックスさせて背筋がのびた感じがしました。体がやわらかくなった感じがします。マインドに気づきました。いつもいかに緊張していたか気がつきました。寝てやるワークがとても気持ち良くて、何かに包まれている様な感覚がありました。他の人の様子が変化していくのが楽しかったです。あるがままが良かったです。

続きを読む

2017/05/05

思考はエネルギーであり波動であり

思考はエネルギーであり波動であり人間のまわりにエネルギーの場を形成しています。
相手が敵意や怒りを持っていると気分が悪くなるのは、相手が待っているエネルギーの場に同調してしまい自己の中心を保てなくなるからです。


18195025_1510643998998188_8474610914272231584_n.jpg

不安と恐怖に怯えている内なる子供を抱えたまま競争社会の中で強い者が生きのこり、弱い者は苦しんで死ぬという考えが究極の真理と思い込んでいます。
愛という言葉を聞いても恐怖と不安に同調しているので愛と自分を一致させることができません。愛の実感がわきません。自分の内側で感じとれないものは偽善的に思ってしまいます。
世界と私の分離という幻想が新たな不安と恐怖を生み出しています。自分そのものが幻想であり、自分だけの幸福を求めても、自分だけの幸福などありえず、求めれば求めるほど却って分離が強くなり、苦しむことになります。
この間違った思い込みの幻想は周りの人間や社会によって増幅され強化されています。
すべては縁にしたがって物事が起きています。どんな感情も必要があって起きています。
分離感が強くなることで、葛藤が起きて再び全体に戻ろうという衝動が起きます。

18156071_1505838962812025_7882321101165976231_o.jpg


人間はもともと目覚めた意識を持っているので、頭の中のおしゃべりを止め、いまここにくつろぐことが出来ます。
沈黙しているとハートとハラの間でうごめいている沢山の緊張を発見します。
その緊張を言語化しないで、あるがままにしておくと、思考の制限から解き放たれたエネルギーはハートへ流れて深い喜びのエネルギーへと変容します。

18077415_1505838236145431_794610596707900830_o.jpg


春になると一斉に花が咲いて自然の美しさの中で驚異と歓喜の瞬間が訪れるように、
沈黙して自分自身の内なる力を解き放った時、内側で連鎖的な爆発が起きてエネルギーの交響が起きます。
一瞬のうちに洞察が訪れ、自他を分ける境界線は太陽の下の雪のように溶けてしまいます。
世界と私の分離は幻想でした。

思い込みの葛藤を抱えている最中に全体を俯瞰する気づきが起きると、
いままで心の表層を流れる波に呑み込まれていたことに気がつきます。

思考を通さずに世界をあるがままに見た時
分離した私はどこにもなく
見るものも見られるものもなく
あるがままの全体だけがそこにあります。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。