FC2ブログ
2018/09/28

観照



マインドフルネスという言葉が瞑想として紹介されています。

マインドフルネスが頭をフルに使って今という瞬間に集中することと思っている人がいました。
集中は瞑想を得ようと努力している状態です。集中はマインドと同化している状態なので瞑想ではなく瞑想の前段階です。
集中で得られる境地は集中をやめると消えてしまいます。体験しているのはマインドだということにマインドは気がつきません。
瞑想とは思考と同一化しないで、努力することなく観照が起きている状態のことです。

覚醒・自覚・気づき(awareness)観照(witness)禅定(dhyana)光明 (enlightenment) 涅槃(nirvana) 三昧(samadhi) 瞑想(Meditation)非二元(nonduality)これらの言葉は皆、今ここで起きている事に気がついている私たちの本性を示しています。

42672132_2144586262270622_8334083617810546688_o.jpg


先日、来日した瞑想のファシリテーターのマニーシャはインドの神秘家Oshoの晩年の15年の間、彼のそばで過ごしていました。彼女の著書「和尚との至高の瞬間」から紹介します。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784881781661

マニーシャは最初、観照を理解できませんでした。

「自分はマインドそのものだ。いったいどうしたら、それから離れられるというのだろう。どうしたら、それを見つめられるのだろう。和尚は、マインドにエネルギーを与えるからマインドが存在するのだと言うが、それが理解できない。」

マニーシャは何年も継続して様々なOSHOの瞑想を行いました。

ある日マニーシャに観照が訪れました。OSHOの講話を聞いている間、マニーシャは吐き気をともなう頭痛が激しくなり、耳も聞こえなくなり、話すことも、動くこともできくなってしまいました。自分がふたつに引き裂かれる感覚、肉体から離れていく感覚を感じて、何とも言えない恐怖に襲われました。

OSHOの講話が終っても口も聞けず動けないマニーシャの異常な様子に気がついた友人たちは抱きかかえて彼女の部屋に担ぎ込みました。マニーシャはなんとか話そうとしますが言葉が出てきません。頭の中で言葉を組み立てても意味をなさない声がするばかりです。最後にやっと、起こっていることをOSHOに知らせてほしいと伝えましたが、「あの人に伝えて」としか出てきませんでした。OSHOの名前を思い出せなかったのです。

夜になると体の機能が戻ったので夜のダルシャンに行くと、OSHOは愛情に満ちた様子でマニーシャを迎えました。「あなたの名前が思い出せなかったんです!」とOSHOに向かって叫ぶように言うと、OSHOは「初めて、あなたは私が誰なのか知ったというわけだ」とクスクス笑いました。

そしてマニーシャは「小さな悟り」を体験したのだが、マニーシャが高く舞い上がりすぎないように、それをミニと呼ぶのだと次のように話を続けました。

「それは大きな衝撃のエネルギーだった。そして私は最初から何かが起ころうとしていることに気づいていた。あなたは、あるスペースにいた。それはほとんど、LSDを飲まずにLSDのトリップを体験したようなものだ。だからこそ、それはたいへん衝撃的だった。あなたがLSDを飲んだとき、あなたは自分が何をしたのかを知っている。あなたはそれが効いてくるのを待つ。だが、今回のことはあまりにも不意にやってきた。何の警告もなしにやってきた。あなたはそれを待っていたわけではなく、突然それはそこにあった。それは全身を掻き乱す。なぜなら、あなた自身とあなたの肉体の間に、ある距離が生まれ、古い繋がりが失われたからだ」


42629585_2144586122270636_3955588536572313600_o.jpg


次の朝、マニーシャは原稿を編集しようとしましたが文章を読んでいても、頭からすぐに文章が消えてしまうので編集などとてもできませんでした。

頭は空っぽで、考えると思考が静かに頭の中をパレードするかのように横切っては消えました。非常にふわっとした、拡張感を味わっていました。

マニーシャは和尚の庭を見ていました。樹木と融合することもなく、特別な啓示もなく、花々の周囲が輝く神秘的なことも何もなく、興奮している感じも、高揚感もなく、至福といった感じさえなく、マニーシャはただ、いまここに存在していました。

思考に同化している人は観照が何か劇的な体験が起きると思っていますが、そこには体験する人がいないので、ただ沈黙があるだけなのです。

「生まれて初めて心による内側の注釈なしに、ただ直接見ること、直接体験することは、まったく驚異的だった。私と私が見ている物の間には、何も介在しない。私とすべてが、ただ在るがままに存在している」マニーシャ

「後になれば、この体験を至福に満ちたものと説明できたでしょう。その時にはただ広大さであり、沈黙であり、虚無だったのです。」マニーシャ

観照が起きると最初に見守るもの(主体)と見られる者(客体)に分離します。いままで「見られる者(客体)」が自分だと持っていた自分が自分ではないと気が付いた時、古い自分は混乱します。

マニーシャは最初の沈黙に恐怖を覚え、閉所恐怖症のように感じたこともありました。私を飲み込み抹殺しようと脅かす沈黙に向かって叫び、それを切り裂いてバラバラにしてしまいたい衝動を覚えたこともありました。しかし、そのプロセスを止めないであるがままにしておけば自然に治ります。

以前と同じ編集の仕事が出来なくなって心配するマニーシャにOSHOは仕事をする能力は戻ってくるだろう、それとともに、より豊かな創造性がやって来るだろうと勇気付けました。

「あなたはまったく正しい道を行っている。一度も道を間違えなかった。本物でないすべてを、ただ溶かし続けなさい。雲のように感じるのは、素晴らしいことだ。観照そのもののように感じるのは、素晴らしいことだ」OSHO

やがてマニーシャは落ち着きお気に入りのコートに袖を通すように沈黙の中へ入ることができるようになりました。

マインドと同一化している私たちはこれらの言葉を頭で理解しようとします。しかし、観照は私というマインドが沈黙した時に気がつくのです。


42535659_2144586238937291_7308383734615506944_o.jpg


自分がふたつに引き裂かれているようなマニーシャの感覚はマインドからの脱同一化のプロセスを表しています。

心が静まった時、心の水面は鏡の様に景色を映し出し、常に見守り続ける観照者があらわれます。それがミニ悟りです。あるがままに思考全体を見守り続けている観照者が思考を超えた自己です。しかし、そこには観察するものと観察されるものという微妙な二元性が残っています。そして観照にとどまることで非二元にくつろぎます。

物心がついてから今日までの間、絶え間なく浮かんでは消えている思考を自分と思い込んでいます。それに疑いをもちません。しかし、本当の私は思考を超えて見ている意識なのです。思考を自覚する純粋な意識が本当の私なのです。

「観照する者は存在せず、観照のみが存在する。意識のみが存在し、それは人格も伴わないし形も持たない。そこに在るのは、どこからともなく現れ、どこへともなく消える炎のような気づきだ。消えてしまうまでの間だけ、あなたはその炎を見る……。あなたがいなくなる瞬間、観照は純粋なものとなり、この観照が途方もない祝福をもたらしうる」「この観照こそ仏陀だ」OSHO

42529445_2144586162270632_7056334609641897984_o.jpg


考えた瞬間
泡のように
思考が現れて
次の瞬間消えています。
体から感覚が生じては消えています。
まるで川の流れに浮かぶ泡のように

全ての出来事は現れては消えています。
すべての出来事は沈黙の中で起きています。

人々の意識にゆらぎが起きています。
意識のマトリックスの転換が進んで、
自分の思考を自覚することができる
観照の眼を持った人々が増え続けています。
やがて加速がついてその人数が社会を変えることができる臨界値を超えるでしょう。
その時、地球は新しい時代を迎えます。
2018/08/31

縄文は富を独り占めしない



古代の人々は大自然が持つ不思議な生命力を畏怖して精霊に贈り物をする儀礼をしました。そうしないと不幸がおとずれると信じていました。
アイヌの熊送りは人間が熊の姿をして土産をもって現れたので、殺して熊の姿から霊を解放してたくさんの土産を持たして天の世界に帰します。そうして待遇がよかったことを仲間の熊が聞き来年も土産をもって再び人間の世界を訪れるのです。土産(ミヤゲ)は「身をあげる」という意味から来てると梅原猛は述べています。



北米インディアンは近隣の人々を招いて蓄積してきた富を惜しみなくふるまうポトラッチ(potlatch)という祝宴を開きます。主催者は贈り物を気前よく贈り、客は受け取り、今度は別な機会にお返しをします。
もし、それをおこたり、自分の利益だけを溜め込むと力を失い自分の魂も失ってしまうのです。先住民は富の蓄積に魂の危険を感じていたのです。

39191421_2085539651508617_4500751767700504576_o.jpg

狩猟から農業に移り変わり、富の蓄積が起きて支配階級が現れると、豊かな富を求めて凶暴で暴力的な男性原理の人々が現れはじめて侵略を始めるようになりました。
貨幣経済は貧富の差をもたらし、争いをもたらしました。お金のために長時間労働で拘束されるようなり、幸福で自由な時間は失われるようになったのです。
富と資源の奪い合いにより生存競争は激しくなり生は危険なものになりました。
アメリカ・インディアンはこう言っています。
「欲しいと言ってくれれば持っているものはいくらでもあげるのに、白人達はなぜ、銃で殺して奪うのか」

39388975_2085539328175316_2679753498974748672_o.jpg

縄文時代は富を独り占めにせず困っている人には誰でも平等に分け与える心を持っていました。

縄文の香りが残る岩手の山間部では見知らぬ旅人をもてなす習慣がありました。
40年以上前に、旅の途中で暗くなり北上山地で出会った見知らぬ人の家に泊まり、夕飯をごちそうになったことがあります。おそらく、昔はコンビニも宿も交通機関もなかったので見放させば旅人は困り行き倒れになったこともあったからだとおもいます。
縄文の人々も大陸から渡って来た人々に食べ物を与え受け入れていったと思います。
縄文は野蛮で未発達な文明ではなく、循環する優れた技術や豊かな精神世界を持つ、持続可能な平和な社会でした。

39293406_2085539811508601_7545887385905528832_o.jpg


アメリカ先住民は自分達の行いのために子孫に負債を背負わせてはならないと7世代先の子孫のことを考えて暮らしてきました。
現代文明は目先の経済のために危険な放射能を垂れ流し、未来の子供達に数万年も残る放射能廃棄物を押し付けています。
縄文は一万年以上争いのない社会を築いていました。
現代社会は物質文明であり、格差で苦しみ争いが絶えないので精神的には野蛮な文明と言わざるをえないでしょう。
2018/08/31

ドリームタイム(夢見)




オーストラリアの先住民の言葉にドリームタイム(夢見)という言葉があります。
あらゆる植物、動物達、死者や先祖、地上から姿を消したすべての魂は時空を超えたドリームタイムで夢見ています。全ての命はドリームタイムから種子として大地に宿り、そこから地上にすべての命がたち現れて来ます。
これから地上に現れて来る魂も地上から姿を消したすべての魂も、時空を超えた夢見とよばれるドリームタイムの中で溶け合って今も生きているのです。

39753091_2095061933889722_6721202623682183168_o.jpg


夏が終わり植物が枯れて朽ち果てると、死をイメージする冬がやって来ます。そして、春には再び新芽がふき、植物はよみがえります。
古代の人々は、死と再生を繰り返す、大地の女神に畏怖の念を持ち、豊穣の祭儀をおこない、豊かな実りを祈りました。
古代の人々はまた、死者はこの世に戻ってくることができ、夢や啓示で生者と語り合うことができると考えていました。
祭儀を通して死者にふさわしい敬意を払い、そして、あの世に帰って新しい神となった死者に、今度は生者のほうが導いてもらうというわけです。

39538719_2095061993889716_3479220145971265536_o.jpg


縄文時代は先祖の墓を中心に同心円状に集落が形成されていました。神話世界は、生と死が循環していて終わりがありません。
縄文は現代の様に生と死を分けてはいなかったのです。縄文と弥生の移行期は集落の境に墓地が作られるようになり、弥生時代は村から離れた山の裾野などに作られました。生者と死者の世界を分けるようになったのです。
現代社会は時間が過去、現在、未来に流れていく直線的な世界で死は終わりを意味します。
縄文土器に蛇のモチーフが現れますが、蛇は脱皮することから死と再生の象徴になっています。
また蛇は強い生命力を持つことからエネルギーも表しています。
純粋なエネルギーである蛇が目覚めると自我の牢獄に閉じ込められている意識が解放されドリームタイムへの回帰がはじまります。
2018/08/31

7世代に及ぶ未来の子供たちに



アメリカインディアンは自分達の行いのために子孫に負債を背負わせてはならないと
7世代先の子孫のことを考えて暮らしてきました。

私たちの社会は
「自分さえよければ誰が苦しもうが関係ない」という病的なエゴが
生命全体の循環を壊し、あらゆる人々を苦悩に導いています。

放射能汚染で無人となった町は地域のコミュニティーが崩壊しました。
無人の町ではお金をえるための働く場所も使うお店もありません。
原発は街の経済を根底から崩壊させました。
原発マネーは偽りの経済でした。
しかし事故が起きる前にそれに気づくのは難しかったのです。

私たちの頭には物質的な快楽やお金の価値が何よりも優先されると完全に刷り込まれていたからです。
放射能汚染で使われなくなった原発交付金の建物が
原発の豊かさが虚構の豊かさだったことを教えてくれています。

原発を安全だと言っていた
原発企業も政治家も官僚も大学の教授も、
やがて大地に帰って消えてしまいます。
そして、未来の子供達に
数万年消えない放射能に汚染された海と
放射能廃棄物が大地が残されます。

放射能は右翼も左翼も宗教も人種も国境も関係ありません。
放射能はイデオロギーを超えてあらゆるものを汚染します。

私たちは頭の中の思考を自分と思い込み、
環境破壊を続け
母なる地球に依存していることを忘れています。
理性中心の科学合理的な思考をするようになって
左脳優位になり、全体との繋がりが見えなくなってしまったのです。

お金や経済というマーヤに騙され、
すっかり本当の自分が誰かを忘れてしまっています。

豊かな森と大地
汚染されない水と空気
親しい友達や家族とつながり
今ここに存在していること
これだけで十分幸せなのです。

39593992_2093076740754908_8119543065003163648_o.jpg


人生の困難や苦悩は深い気づきが起きて、その人を成熟に導く機会となります。
最悪の事態は最良の効果をもたらし、苦悩が深い人ほど振り子の針は逆に振れ目覚めが起きます。
これから物質的な豊かさだけを豊かだと思っていた時代は終わりをつげるでしょう。
持続可能な社会を
7世代に及ぶ未来の子供たちに
2018/08/31

自然治癒の先駆者、寺山心一翁先生

末期がんから生還された自然治癒の先駆者、寺山心一翁先生の講演会が26日花巻で行われます。82歳になられますが、ますます素晴らしい光を放っています。
アリゾナ大学医学部教授アンドルー・ワイル博士が著書「癒す心、治る力」角川文庫72ページに寺山先生のガンが自然に治癒して消えていく様子を紹介しています。寺山先生はアリゾナ大学医学部で講演もしています。

40089855_2099808613415054_9023031303057965056_n.jpg

寺山先生は48歳の時に右腎臓ガンになりました。 死を覚悟した夜に臨死体験の状況を夢に見てから 嗅覚が異常に高まり、 病室の臭いに耐えられず、消灯後の病室のベッドから抜け出し病院の屋上に寝ていた所、病院の関係者に見つかりました。そして、自殺の恐れがあるとの理由で、病院を退院させられてしまいました。
生きていることを確認する為に自宅のマンションの屋上に昇り日の出を眺めていたところ、まばゆい光が全身を貫きました。生命エネルギーが流れたのです。


寺山先生は科学的な考え方の訓練をして来た科学者でした。当時の日本のトップクラスの半導体の研究者でした。
ところが寺山先生のクンダリニーが上がってチャクラが開くと、寺山先生自身がオーラを見えるようになってしまいました。
そうなると寺山先生はオーラやチャクラが胡散臭いとか科学で証明しなくちゃいけないということがアホらしく思うようになってしまいました。
その当時の様子を次のように語っています。

「生きていることだけで幸せでした。太陽が神にみえましたよ。部屋にもどったら、家族全員のまわりにオーラがみえるようになっていました。だれもが神なんだって思いましたね」

そして先生が毎日太陽に向かって感謝の挨拶をしているときに 突然、宮澤賢治の詩「雨ニモマケズ」が口から出てきたのです。
その中で「欲ハナク、決シテ瞋ラズ、イツモシズカニワラッテヰル」のところで涙がとめどなく出てきて、私がガンを創ったのだということをはっきりと認識したそうです。

そしてガンに対して自分で作つた子供だという気持ちが湧き起こり、「愛しているよ」と愛を送り始めましたら、痛みが減少して鎮痛剤を使用しないでも眠ることが出来るようになり、やがてガンは小さくなり始めたのです。

「おかげで、自分のなかにも、まわりにも、自然治癒力があるということに気がつくようになったんです。そしてだんだん、がんをつくったのは自分自身だったんだということに気づきはじめました。

わたしが、自分のふるまいによって、がんをつくったんです。そのことに気づくと、自分のがんを愛さなければならない、敵として攻撃してはならない、ということがわかってきました。がんはわたしの一部であり、わたしは自分のすべてを愛さなければならなかったんです」寺山心一翁(アンドルー・ワイル 「癒す心、治る力」角川文庫)

39972420_2099784666750782_249105478942982144_o.jpg


寺山先生の人生は私たち人類の行く末とシンクロしています。寺山先生が右腎臓ガンになった状態が今の私たちの人類の状態です。
まだ地球環境が崩壊しているということを知らされていない人が大勢います。当時の寺山先生はガンだと知らされなかったそうです。
これから寺山先生が臨死体験の夢を見たように地球に住む様々な人々が地球環境崩壊のビジョンを見て「私がこの状態を創ったのだ」ということをはっきりと認識する人が増えてきます。

自我は一つの世界に境界線を引いて分離させます。そして体と心、他者と自分を切り離し、対立と争いを続けてきました。
寺山先生はガンをきっかけに「欲ハナク、決シテイカラズラズ、イツモシズカニワラッテヰル」境地にたどり着きました。

39910924_2099784606750788_9048426340872617984_o.jpg


世界との一体感を内面で体験した人は、自然に敬意を持つようになり、攻撃性が低下し、性別、人種、考えの違いに寛容になります。
すべてのものは相互に依存していて、世界はあらゆるものが因果で結びついています。
世界が一つだと気がつくと自我が作り上げた偽りの境界線は消えます。
愛に境界線はありません。
寺山先生はがんを愛するようになりました。
そして、寺山先生のガンは自然に消えたのです。

寺山先生の人生に転機が訪れたように人類も大転換の時代を迎えています。
「ガンはありがたい贈り物です。ガンは新しいあなたに、新しい命につうじている道なんです」寺山心一翁


***********************************

◉10月6日(土)~10月8日(祝・月)寺山心一翁 & 清水友邦 早池峰ワークショップ

ハートの扉を開く ~愛の癒しと意識の変容~

日本で最も古い4億年以上前の蛇紋岩の地層で成り立つ聖地中の聖地、早池峰山麓で2泊3日のワークショップを開催します。
末期がんから生還された自然治癒の先駆者で、82歳になられる寺山心一翁先生と早池峰でお会いする素晴らしいチャンスです。ぜひ、素晴らしい光を受け取って周りの人々に光を放ってください。

美味しい早池峰の伏流水を飲み、やえはた自然農園さんの食材を使った料理を食べて体を癒し、大自然の中で体を動かして緊張をほぐし、そしてハートから愛のエネルギーが皆さんに流れることで心の扉が開いて、本当の自分に気がついていくことでしょう。
◉日時:10月6日(土)~10月8日(祝・月)
15時スタート~午後1時解散

◉ワークショップの内容

◎聖なる歌とダンス 考えることから感じることへやさしく誘導します。
◎チェロの演奏 チェロの心地よい響きが全身に響いて微細な身体が活性化します。
◎野外でのワーク  都会では味わえない大自然の中のワークで身体感覚が目覚めます。
◎チャクラワーク 制限しているチャクラを解放させて、潜在能力を開花させていきます。
◎呼吸法 心の扉を開く呼吸法
◎瞑想法 今ここにいる瞑想
◎レクチャー  意識の成長について実生活で役に立つポイントを解説します。
◎シェアリング  ワークでご自分が感じた事気づいた事を話して分かち合う時間は成長するきっかけになります。
主催 寺山心一翁オフィス

詳細
https://www.facebook.com/events/1840753949294866/